2018/11/04

Ubuntu18.04 で Assault Cube を動かす

うちの子がFPSをやってみたいと言うので、UbuntuにNexuiz を入れて遊んでました。
Nexuiz は Ubuntu ならソフトウェアセンターからインストールできるし、UbuntuMATE でも Software Boutique からインストールできるので、お気軽にFPSができます。
ネット対戦とかLAN内対戦とかもできるし、一人プレイもそれなりに楽しく、良くできたフリーのゲームだと思います。

が、さすがに飽きてきて、リアル系のFPSがやりたい!と言うようになりました。
Steam入れて探したりしたのですが、フリーとなるとなかなか見つからない。
Counter-Strike: Global Offensive Free Edition を入れてみたものの、原因不明で動かず。

ネットでいろいろ探したら、AssaultCube ってのが遊びやすいってことで、入れてみることにしました。
AssaultCubeの公式サイトから Linux版をダウンロードすると、AssaultCube_v1.2.0.2.tar.bz2 がダウンロードされるので、ホームディレクトリなどでtar.bz2を展開します。

展開したディレクトリに assaultcube.sh があるので、これを実行すれば起動します。

が・・・。エラーが発生しました。

libcurl.so.4: version `CURL_OPENSSL_3' not found

なんかこれ見たことある。
ePSXeが動かなくなったのと同じエラーだ。

ePSXeを動かすのに使った、libcurl.so.4 (libcurl3_7.58.0-2ubuntu2_amd64.deb の libcurl.so.4.5.0 を libcurl.so.4 にファイル名を変更したもの)をコピーして assaultcube.sh のあるフォルダに置き、
assaultcube.sh の最初の方に
export LD_PRELOAD=./libcurl.so.4
と記載してライブラリを強制的に読み込むようにして起動させると、問題なく動きました。

かなり古いゲームですが、今でもネット対戦している人がいて、けっこう遊べます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ubuntu18.04 で Minecraft1.8.9 を起動する

Ubuntu18.04でマイクラやってるうちの子は、Skywarsサーバが好きなのですが、マイクラのバージョンを1.8.9にすると繋げないという問題が発生していました。

バージョン1.8とか、最新版(1.13.2)にすれば問題無いので、しばらくそれで遊んでいたのですが、使いたいモーションブラーMODが1.8.9用のため、どうしても1.8.9でつなぎたいと言うので調べてみました。

海外の情報で、Java8 だったらうまくいくよ という情報を見つけて試してみたら、繋げました。
マイクラのプロファイルで、openjdk8 を使うように設定します。

accessibility.properties の assistive_technologies=org.GNOME.Accessibility.AtkWrapper をコメントアウトするのはopenjdk11と同じです。


ついでに、MODの入れ方を書いておきます。
基本的にJava版の設定で行けるので、Windows版の記事を参考にすれば良いのですが、Forge のインストールがexe版の記載しか無いので困ると思います。
でも、Linuxでも簡単で、Installer版(Windows Installer版ではなく)をダウンロードすればOK。
ダウンロードしたjarファイルに実行属性を付けてダブルクリックすれば、jreで実行するか聞いてくるのでOKすると、インストールが始まります。
インストール先選択で、ホームディレクトリ配下の .minecraft ディレクトリが選択されているはずなので、そこにインストールすればForgeが入ります。
マインクラフトを起動し、マイクラのバージョン選択にインストールしたForgeが出ていれば成功です。
その後のMODの入れ方はWindows版と同じです。

この辺の記事
PC 版 Minecraft に MOD を導入する方法
とか参考になると思います。
ポイントはバニラ環境を残して、Forge用のディレクトリを作ってそこにMODを入れるところですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/27

Ubuntu MATE 18.04 で Ubuntu MATE Welcome をインストールする

Ubuntu MATE をアップグレードすると、Ubuntu MATE 18.04 で Ubuntu MATE Welcome とか Software Boutique が使えなくなります。
Ubuntu MATE Welcome が snap になったからっぽい。

Ubuntu MATE Welcome っていうか、Software Boutique はけっこう愛用していたので使いたいなと思い調べてみました。
以下のコマンドでインストール可能。

snap install --classic ubuntu-mate-welcome

snapコマンドは、sudo がいらないんだなあ。

ちなみに、インストールしてもソフトの一覧には表示されていないのですが、
システム→コントロールセンターから起動できます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/25

またまた Ubuntu18.04 で Minecraft が動かなくなってハマる。

先日、Ubuntu MATE 18.04 をアップデートしたら、またまた Minecraft が動かなくなりました。

前回は起動パラメータを修正して回避しましたが、今回はなんか症状が違います。Minecraft 起動直後にすぐに落ちます。

ターミナルからMinecraftを起動した所、以下のエラーが。
Exception in thread "main" java.awt.AWTError: Assistive Technology not found: org.GNOME.Accessibility.AtkWrapper

Javaのこんなエラー、今まで見たこともない。
そもそも、org.GNOME.Accessibility.AtkWrapper の GNOME って何? GNOME限定の機能ってこと?JavaにGNOME用の機能があるのか!?

解らないことだらけなので、ネットで調べたら、同じように Ubuntu で Minecraft ができない!と言っている人がたくさんいました。
でも、みんな外国人なんだけど・・・。日本人でLinuxでマイクラやってる人はいないのか!?

で、解決法が載ってました。
/etc/java-11-openjdk/accessibility.properties

assistive_technologies=org.GNOME.Accessibility.AtkWrapper
をコメントアウト(行の先頭に#をつける。)しろ、というものでした。
この通りにファイルを修正すると、問題なく Minecraft が起動するようになりました。

で、org.GNOME.Accessibility.AtkWrapper って何なのだ?
いろいろ調べてみたのですが、いまいち解らず。

解っていることは、openjdk-11-jre-headless には GUI関連の実装が無いらしく、Java SwingイベントをATKが理解できるイベントに変換するものなんだそうです。

ネットでは、openjdk-11-jre-headless ではなくて openjdk-11-jre をインストール するように!という回答もあったのですが、openjdk-11-jre も openjdk-11-jre-headless も入っているんですよね。
しかも、openjdk-11-jre って openjdk-11-jre-headless に依存していないか?
また、よく解らないのが、なんでインストールしていないパッケージが設定ファイルに書かれているのか?
根本的に解らないのが、なんで今まで正常に動いていた Minecraft が急に起動しなくなってしまったのか?

原因はよく解らないままなんですが、とりあえず解決はしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/20

Ubuntu18.04 にアップグレードしたら ePSXe が動かなくなってハマる。

Ubuntu を 17.10→18.04 にアップグレードしたら ePSXe が起動しなくなったので、その解決方法を書きます。

マイクラでハマった Ubuntu 18.04 ですが、今度は ePSXe でハマりました。

ePSXe を起動しようとしても起動しない。
コマンドから起動すると、
libcurl.so.4: version `CURL_OPENSSL_3' not found
とエラーが出ました。
なんだ。共有ライブラリ不足か。と、最初は軽く考えていました。
ネットで検索するとハマっている人がけっこういて、Arch Linux では libcurl-compat を入れるといいよ、みたいな回答がありました。
Ubuntuでは パッケージ libcurl3 に CURL_OPENSSL_3 が あるそうなんで、これを入れれば解決しそうです。

ってなわけで、Synapticからインストールしようとしたのですが、競合してるんでいろんなパッケージを削除していいですか?ってな展開になりました。ダメだろう!削除しては!

なんか問題は思っていたより深刻みたいでした。
Ubuntu の launchpad でも問題になっていました。
libcurl3 をインストールしたら、virtualbox とか Opera とか勝手に削除されたんですけどー!
Ubuntu公式パッケージじゃないから知らねーよ。開発者に相談してくれよ。はい終了。
おいおい、これバグだろ。せめてリリースノートに書くとかしろよ。多くのパッケージはまだlibcurl3を使ってるよ。
・・・みたいな展開になっているんだと思います。

問題の根本は、libcurl3 と libcurl4 で libcurl.so.4 が競合しているにもかかわらず、2つのライブラリの仕様が異なっているためのようです。
うーん、どうしたものか。

共有ライブラリをアプリ固有で指定できないのか調べた所、環境変数 LD_PRELOAD に ライブラリを指定すれば、強制的にそれを読み込んでくれるそうです。
libcurl3_7.58.0-2ubuntu2_amd64.deb をダウンロードしてきて、そこに入っている libcurl.so.4.5.0 を libcurl.so.4 に名前を変えて ePSXe のディレクトリに置いて、同じディレクトリに以下のようなシェルスクリプトを作成する。

# /bin/bash
export LD_PRELOAD=./libcurl.so.4
echo $LD_PRELOAD
./epsxe_x64

で、このシェルスクリプトを起動すると、無事 ePSXe が起動しました。
うーん、Ubuntu18.04 って本当に LTS なのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ubuntu18.04 にアップグレードしたら Minecraft が動かなくなってハマる。

Ubuntu18.04 がリリースされたので、アップグレードしたらマイクラが動かなくなったので解決方法を書きます。

我が家では子供用のPCに UbuntuMATE をいれて、そこにマイクラをインストールして遊ばせています。
16.10の時にはUbuntuのパッケージにマインクラフトのインストーラが有り、そこからオフィシャルのパッケージをインストールしていました。

UbuntuMATE を 17.10→18.04 にアップグレードした所、マイクラが動かなくなりました。Minecraftランチャーは起動するのですが、プロファイルを選択して実行すると
Unrecognized VM option 'CMSIncrementalMode'
Error: Could not create the Java Virtual Machine.
とエラーが出て起動しなくなります。
今回のアップグレードでOpenJDKが11になっているので、なんとなくそれがらみだということは判りましたが、プロファイルの設定でJREを8にしても解決せず。

ネットで検索しても解決方法がなかなか見つからなかったのですが、Minecraft WIKI に解決方法が載っていました。
Note: Minecraft will not run with Java 9 or greater unless you remove -XX:+CMSIncrementalMode from your JVM Arguments.
なんと! パラメータ -XX:+CMSIncrementalMode を消せと!

プロファイルの設定画面でJavaの起動パラメータを使用するようにチェックし、パラメータに記載されている -XX:+CMSIncrementalMode を削除した所、無事動きました。

これ、日本の Minecraft WIKI には載っていないんですよ。
英語圏の人はここに情報があるからハマる人は少なくてあんまり情報が無いのかな。
誰か翻訳してー。。。。
Javaをアップグレードすると、古いプロファイルで影響が出るので、これからハマる人が出てくるのではないかな。

でも、こうなることを予測してJavaの起動パラメータを簡単に変更できるような仕様にしている MOJANG は偉い!
eclipseも見習え!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/21

openMSX でテープの読み込み速度を早くする

openMSX の設定関連でもう一つ。

openMSXは、テープイメージの読み込みにも対応していて、テープのソフトも動かせます。
ただし、テープの読み込みまで実機を再現しているため、むっちゃ遅い。
それでも読み込み時の音を聞くと倍速の2400ボーでやっているっぽいけど。

これもマニュアルに早く読み込むための設定が載っています。
openMSX Console Command Reference の fullspeedwhenloading です。

openMSX起動中にF10キーを押してコンソールを開き、
set fullspeedwhenloading on
とすれば一瞬で読み込むようになります。

set fullspeedwhenloading off
で元に戻せます。

これで、TAPE版 RELICS クリアも夢ではない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

openMSX でジョイスティックの割り当てを変更する

MSXエミュレーターのopenMSXは、バージョンが上がるごとにどんどん機能が強化されて、かつて最強MSXエミュレーターと言われていたblueMSXを凌駕する機能になっております。

しかしながら、日本語のマニュアルが無くて設定方法が難しい所が玉に瑕。
いろいろな設定ができるにもかかわらず、設定するにはコンソールを開いてコマンドを入力する必要があります。
openMSXカタパルトの機能がもっと充実して、いろんな設定をGUIでできるようになればいいのになあ・・・。

で、一般的なエミュレータには普通あるのにopenMSXカタパルトにはない設定が、ジョイスティックのボタン割り当て設定。
この辺に関する日本語の説明って、どこにも無いんだよなあ。
ま、PCにゲームパッドを差せば認識して遊べるから大丈夫なんだけど。
openMSXカタパルト の「Misc Controls」でジョイスティックポートに何を接続するか選択できるので、そこにjoystick1を選択すれば、ゲームパッドが使えます。

でも、最近のゲームパッドってアナログスティックが付いており、それがジョイスティックの上下左右に割当たってしまいます。
この割り当てを十字ボタンに変えたいのだけれど、openMSXカタパルトでは設定できない、という具合です。


設定の仕方は、 openMSX Console Command ReferenceSettings の joystick_configにコマンドが載っています。
ちなみに、コマンドを入力するコンソールは、openMSX起動中に F10キー で開きます。

set joystick1_config
と入力すると、現在の設定が表示されます。
デフォルトは、
LEFT -axis0 RIGHT +axis0 UP -axis1 DOWN +axis1 A {button0 button2} B {button1 button3}
となっています。

これに、
dict set joystick1_config LEFT L_hat0
とすれば、左入力に十字ボタンの左が割当たりますが、元の設定を上書きするので、
マニュアルに記載されている通りに
dict lappend joystick1_config LEFT L_hat0
dict lappend joystick1_config RIGHT R_hat0
dict lappend joystick1_config UP U_hat0
dict lappend joystick1_config DOWN D_hat0
とすると、既存の設定に追加してくれます。アナログスティック、十字キー、どちらも使用可能、という状態になります。

この設定は、設定ファイルに保存できます。(デフォルトでは、openMSX終了時に保存する設定になっている。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/03

The Typing Of The Dead を PlayOnLinux で動かす

ウチの嫁が子供のタイピング練習にと、ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド (いわゆるゾンビ打)のダウンロード版を購入しました。
Windows10をサポートしている ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド は今のところ無いのですが、ネットの情報を調べて、ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド キャンペーン版 ダウンロード版 なら Windows10で動くことが解りました。
楽天で売ってました。

このゲーム、ドリキャス用を嫁にさせたら大好評で、以前にWindows98版を買っていたのですが、XPで動かなくなってその後紛失した(捨てた?)ため、今回再購入した、というわけです。
嫁がオレに圧倒的に勝利できる数少ないゲームです。嫁のタッチタイプには敵わない。

The Typing Of The Dead は、今でもタイピングソフトの最高峰だと思ってます。
キー打鍵時の爽快感、少々ミスしても続けて入力できる操作性、ストーリー、ゲーム性、入力ワードのセンスの良さ、練習モードのセンスの良さ、どれを取っても素晴らしく、タイピングゲーム創成期のゲームにも関わらず、他の追随を許さない出来です。

そんなわけで、Windows10にはインストールできることが解ったのですが、肝心の子供のマシンがLinuxなので、PlayOnLinux (wineの環境)で動かないか試してみました。
環境は、UbuntuMATE 17.10 です。

インストール時の注意点ですが、ZIPファイル解凍後のEXEはファイル解凍用のEXEなんで、これをインストールすると途中で落ちます。
でも、この時デスクトップに新たに作られたフォルダに本当のインストール用EXEがあるので、これをインストールします。
事前にWindowsで実行して解凍しておくのもいいかもしれません。

ちなみに、PlayOnLinuxを触っていて気付いたのですが、wineconfigurar でwineの設定画面を出した時の文字化けは、PlayOnLinux側の問題では無く、PlayOnLinuxでHomeディレクトリに作成されたWineの仮想ディレクトリ配下のWindowsのフォントフォルダが空だからなんですね。

インストール後起動してみると、途中までは表示されるのですが、ゲームを始めると途中で固まります。
画面がフル画面になるので、何が起こっているのかさっぱり解らず。
PlayOnLinuxのアプリのショートカット右クリックから wineconfigurar を起動し、デスクトップの設定を、仮想デスクトップにしてWindow表示させるようにした所、Wineでエラーが出て落ちていることが判りました。
PlayOnLinuxのデバッグで起動すると、

err:quartz:GetClassMediaFile Media class not found

というエラーで落ちていることが判りました。

ネットでいろいろと調べると、どうやら 内蔵の quartz.dll にはMPEG-1再生ができない等の問題があるらしく、Windowsネイティブなdllにすると動くことがあるらしい。
そこで、wineconfigurar のライブラリの設定から、quartz を WindowsネイティブなDLLに変更した所、正常に起動するようになりました。

Screenshot

やっぱ、The Typing Of The Dead は最高です!Windows10も正式サポートすればいいのに。
まだまだ需要あると思うんですよね。もったいない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/27

Ubuntu17.04 に Visual Studio Code をインストールする

ここ数年のJavaScript界隈の熱い状況を傍観していたのですが、ようやく重い腰を上げて勉強してみようと思い立ちました。

そこでエディターに、気になっていた Visual Studio Code をインストールしてみることにしました。
環境は、Ubuntu17.04 です。
ネット上の情報ではうまくいかなかった所が数点あったため、備忘録として記載しています。

Ubuntu Software からインストールできれば話は早かったのですが、なんか無さそうでした。
「Code editing. Redefined.」っていうのはあったのだけど、インストールするとエラーになってそもそも入りませんでした。
ネットで調べると、Microsoft のサイトからダウンロードしている人しか見当たらなかったので、素直にダウンロードすることにしました。

で、ダウンロードした debファイルを インストールしようとして、debファイルをダブルクリックしたのだけど、インストールが始まらない。
Ubuntu Software が開いて、インストールボタンを押しても何も起こらないのです。

ネットで調べてみると、Ubuntu16.04 ぐらいからのバグだそうで、ダウンロードしたdebファイルがインストールできないそうなんです。
gdebi をインストールして、gdebi からインストールするとうまくいくそうですが、面倒なんで、コマンドで
$ sudo dpkg -i ファイル名
と打ち込んでインストールしました。

が、今度は依存関係でエラーが出ました。
libgconf-2-4 が無いとのことです。
そこで、
$ sudo apt-get install libgconf-2-4
と、インストールしようとしたところ、依存関係が壊れているよエラーが出ました。
言われるがままに sudo apt-get -f install してもよかったんだけど、原因は Visual Studio Code のインストールに失敗しているのが判っているので、
$ sudo dpkg -P code
と打ち込んでインストール失敗した Visual Studio Code を一旦アンインストールし、再度
$ sudo apt-get install libgconf-2-4
とすると、今度はインストールできました。
そして、
$ sudo dpkg -i ファイル名
で、無事インストールできました。


Visual Studio Code を軽く触った所の印象だと、
さすが Microsoft ! という感じです。
軽いし、お家芸のコード補完がむちゃくちゃ便利。
もう Gedit でJavaScriptを書く生活には戻れないと思う。
まだまだ使いこなせてないけど、数時間使っただけで便利さが判ります。
エディター内にターミナルを開けるので、Node.js の実行とかにわざわざ端末を開く必要も無いです。
こういうビジュアライズなツールを作らせたら、やはり Microsoft は抜きんでているなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«PlayOnLinux 4.2.10 で wine のバージョンを変更する方法