« VineLinux3.1をインストールする | トップページ | SWATの設定をする »

2005/04/24

Sambaをインストールする

VineLinux3.1のインストールが終了し、今度はSambaのインストールを行いました。
Sambaは、LinuxでWindowsのファイル共有環境を構築できるサーバプログラムです。
WindowsのマイネットワークからLinuxに簡単にファイルを置くことができるようになります。

Sambaのインストールには、Synapticを使用しました。
アプリケーション→ システム・ツール→ Synapticパッケージマネージャ でSynapticを起動できます。
この際、rootのパスワードの入力を求められます。
つまり、一般ユーザーでログインしても、root権限でインストールできてしまうので便利です。
Linuxって、パスワードを知っていればログアウトすることなく一般ユーザーから管理者に移動できるのが凄く便利ですね。

念のためツールバーの「更新」をクリックして、パッケージリストの更新を行っておきます。
その後、samba と samba-swat のパッケージにチェックを入れて、インストールします。
samba は、ファイルサーバにするためのメインのパッケージです。
samba-swat は、sambaの設定を簡単に行うためのツールです。
sambaパッケージをインストールする時に、依存関係のことを言われますが、依存するパッケージもいっしょにインストールしてしまえばOKです。

ちなみに、VineLinux2.6では、OSのインストール時にSambaとSWATをインストールできます。

|

« VineLinux3.1をインストールする | トップページ | SWATの設定をする »

Samba」カテゴリの記事

VineLinux」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54336/3838529

この記事へのトラックバック一覧です: Sambaをインストールする:

« VineLinux3.1をインストールする | トップページ | SWATの設定をする »