« synaptic のリポジトリ設定 | トップページ | Mozilla1.7.8 に Adobe Reader7.0 のプラグインを設定する »

2005/06/11

Vine Linux 3.1 に Adobe Reader 7.0 をインストールする

以前からLinuxでもPDFは見れましたが、日本語の対応がいまいちで、きちんと表示されないものとかが多かったようです。
本家Adobe からもReaderが出ていましたが、Ver.5までしか出ていませんでした。
しかも、日本語に対応させるためには言語パックが必要ってなものでした。

そんなLinuxのPDF環境だったわけですが、AdobeがLinuxのデスクトップでの需要を見越して、Linux版Adobe Reader 7.0 の開発をしているという情報を耳にしました。
そして@ITに、Adobe Reader 7.0 を使うにはという記事が載るまでになりました。

そんなこんなでついにAdobeから日本語対応のLinux版 Adobe Reader 7.0 がリリースされたのです。
待ってました!エラいぞAdobe!

対応LinuxにVineが載ってなかったような気がしますが、RPMだしなんとかなるだろうと思ってインストールすることにしました。(汗)

Adobe のホームページからRPMを /tmp にダウンロードし、rootで
cd /tmp
rpm -ivh AdobeReader_jpn-7.0.0-2.i386.rpm
としてインストールしました。

で、適当なPDFファイルを開いてみたところ、見れることは見れるのですが、「PPKLite.apiを初期化できません」ってなエラーが毎回出てしまいます。

ネットで調べると、やっぱりみんな出ているようで(笑)、いろいろ対策法も出ていました。
LDAPのパッケージが無いと出てしまうエラーのようです。
Adobeのページにもトラブルシューティングとして載っていました。
一番手っ取り早いのが、
/usr/local/Adobe/Acrobat7.0/Reader/intellinux/plug_ins/PPKLite.api
のファイル名を変更してしまう、というものです。
が、やはりインストールするからには完璧を目指したい。
ってなわけで、LDAPをインストールする方法で回避しようと思いました。

私が参考にしたのは、Cachu's Square に載っていた記事です。
この方は、英語版のReaderをVineにインストールして日本語化されてます。

そんなわけで、アプリケーション→システムツール→Synaptic からSynapticを起動し、openldap をインストールしました。
その後、rootで
cd /usr/local/Adobe/Acrobat7.0/Reader/intellinux/lib
ln -s /usr/lib/libldap.so.2 libldap.so
ln -s /usr/lib/liblber.so.2 liblber.so
とリンクを作成したところ、エラーが出なくなりました!

先にLDAPをインストールしておくと、リンクの作成は自動でやってくれるみたいですね。

やったー。これでLinuxでPDFが見れるようになりました!

|

« synaptic のリポジトリ設定 | トップページ | Mozilla1.7.8 に Adobe Reader7.0 のプラグインを設定する »

VineLinux」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54336/4509570

この記事へのトラックバック一覧です: Vine Linux 3.1 に Adobe Reader 7.0 をインストールする:

« synaptic のリポジトリ設定 | トップページ | Mozilla1.7.8 に Adobe Reader7.0 のプラグインを設定する »