« 2005年7月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年8月

2005/08/27

Eclipse+LombozプラグインでStrutsの環境を作る

Eclipse+Lombozの設定ができ、TomcatでStrutsのアプリケーションが動くようになったとくれば、この2つを連携したくなるのが人情ってもんです。(笑)
というわけで、EclipseでStrutsのアプリケーション開発環境を作ってみることにしました。

頼みの「オープンソース徹底活用 Eclipse3によるJavaアプリケーション開発」本では、LombozはWebサービスクライアントの開発用でしか載っておらず、Struts開発ではMyEclipse(有料)を使っています。

そこで参考にしたのが、Lombozの設定でお世話になった Javaの道 です。
Eclipse(Tomcat向け開発)で、サーブレットの作り方が載っています。
サーブレットが作れるなら、Strutsも動くだろう!ってなことです。(汗)

試した環境 Windows2000 Tomcat5.0.28 Java5 Eclipse3.0.1(日本語化済み)


新規にプロジェクトを作る場合
「ファイル」→「新規」→「プロジェクト」を選択し、「新規プロジェクト」画面を開く。
新規プロジェクト画面で「Java」→「Lomboz J2EE Wizards」→「Lomboz J2EE Project」を選択。「次へ」を押す。
「プロジェクト名」にプロジェクト名を入力。
「Java設定」画面ではそのまま「次へ」ボタンを押す。
「Create J2EE Module」画面で「Web Modules」タブを押す。「Add」ボタンを押しModule名を入力。
(このModule名がTomcatのコンテナ名になる。)

同じプロジェクトにコンテナを追加する時は、
追加するプロジェクトを選択して右クリック。Lomboz Web Module を選択してModule名を入力。


「Targeted Servers」タブを押し、「Type」で「Apache Tomcat v5.0.x」を選択し「Add」ボタンで追加。

「終了」ボタンを押すとEclipseにJ2EEプロジェクトが作られる。WEB-INFディレクトリなども自動生成される。

ってところまでは、「Javaの道」に載っているとおりにしました。

ここからサーブレットを作る場合は、「Lomboz J2EE Wizards」→「Lomboz Servlet Wizard」を選択すればよいそうです。


が、Strutsの場合はここからまだやることがあります。

・Strutsの場合は、必要なJARファイルなどを\WEB-INF\libディレクトリに置く必要があります。
パッケージエクスプローラから\WEB-INF\libを右クリック→インポート→ファイルシステムで、
commons-beanutils.jar
commons-digester.jar
filter.jar
struts.jar
を WebModule名\WEB-INF\lib に、
struts-bean.tld
struts-config.xml
struts-html.tld
struts-logic.tld
web.xml
を WebModule名\WEB-INF に置きました。

・srcディレクトリの作成
パッケージエクスプローラからWEB-INFディレクトリを右クリック
新規作成→ディレクトリ で、srcディレクトリを作成する。

・srcをソースフォルダにする
パッケージエクスプローラからsrcディレクトリを右クリック
新規ソースフォルダを選択。
プロジェクト名に今のプロジェクト名が入っているのを確認し、
フォルダー名の「参照」ボタンから Web Module名/WEB-INF/src を選択。

・Javaのビルド・パスの設定
パッケージエクスプローラからプロジェクトを右クリック
プロパティーを選択。
Javaのビルド・パスを選択 デフォルト出力フォルダを WebModule名/WEB-INF/classes にする。
ライブラリのタブを選択し、JARの追加で、
Web Module名/WEB-INF/lib に置いたJARファイルをすべて追加する。

ちなみに、ソースフォルダを普通のフォルダにしたい時は、
パッケージエクスプローラからプロジェクトを右クリック
プロパティーを選択
Javaのビルド・パスを選択
ソースフォルダのタブからフォルダを選択&除去でOKです。


これで準備完了
ソースフォルダ内に、クラス(サーブレットではない)を作っていきます。
struts-config.xmlは、Web Module名/WEB-INF/ に置きます。
ApplicationResource.propertiesは、ソースフォルダに置くと、自動でclassesフォルダにも置いてくれますが、
日本語が含まれる場合はnativ2asciiコマンドで変換したものを置く必要があります。

最後に、画面下の「Lomboz J2EE View」にあるWebModule名を右クリックして、Deployを選ぶと、TOMCATにWARファイルを作成してデプロイできます。


よ~し、Strutsの勉強をするか!(ってこれからかい。(汗))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/21

JSPのコンパイルができなくなりハマる

近頃、Strutsに興味があり、ソフトバンクから出版されている「StrutsによるWebアプリケーションスーパーサンプル」っていう本を買ってきました。
しばらくこいつで勉強しようかな、と。

で、サンプルプログラムを試してみようと、サンプルのWARファイルをデプロイした時に問題が発生しました。
エラーが出てサンプルが表示できないのです。
そんなバカな。サンプルでエラーが出るなんて。

エラーは、JSPファイルのコンパイル時に出ていました。
内容は、
Unable to find a javac compiler;
com.sun.tools.javac.Main is not on the classpath.
Perhaps JAVA_HOME does not point to the JDK
ってなものでした。
ちなみに環境は、WindowsでTomcat5.0.28です。Javaは5です。

なに~??javacが見つからないだって???
JAVA_HOMEがおかしいとのことなので、環境変数を見てみましたが、ちゃんとJavaのインストールされたフォルダに設定されています。

TomcatのサンプルJSP(JSP Examples)を見たところ、これはちゃんと動いています。
JSPのコンパイル時だけの問題のようです。

どうやら、EclipseのLombozプラグインがうまく動かなくて、Javaのバージョンを変えたりしたのが原因じゃないかなと思います。
いろいろ試してみましたが解決せず、Tomcatを再インストールしてみました。

すると、なにごとも無かったように動くようになりました。
結局どこが原因か判らず・・・。(汗)
エラーのログとか詳細に残しておけばよかった・・・。

私が記憶している中で、再インストール後に変化した部分は、TomcatのConfigure Tomcatツールで設定できる、「Java」のVMの項目が、
C:\Program Files\Java\jdk1.5.0_04\jre\bin\server\jvm.dll
になっていた、ということです。
私はJavaのバージョンを変えた時に、
C:\Program Files\Java\jdk1.5.0_04\jre\bin\client\jvm.dll
に設定してしまったと思うんです。

そう言えば、エラーも単純にjavacが見つからない、と言っているわけではなくて、javac.Mainにclasspathが通っていない、ってことですもんね。
JAVA_HOMEも、今のTomcatでは自動で設定してくれるみたいですから、JAVA_HOMEの設定ミスってのではないみたいです。
今となっては詳細不明ですが、ま、Tomcatの再インストールで復活した、ということです。

サンプル動かすだけで、すげー時間使った。(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/12

EclipseのLombozプラグインのインストールでハマる

前に、漫画ビューアをJAVAのアプレットで作ったのですが、その際にEclipseを使ってみてビックリ。すごすぎ!!
テキストエディタのみでガリガリ書くのとは作業効率が全く違います。
こんなスゴいソフトがタダで使えるなんて!って感動したもんです。

そのEclipse、プラグインをインストールすればWebアプリケーション作成にも使えるってんで、本を読んで試してみることにしました。
「オープンソース徹底活用 Eclipse3によるJavaアプリケーション開発」ってな本です。
それによると、LOMBOZ というJ2EE開発用のプラグインがあるそうです。

早速本に書いてあるとおりにプラグインをインストールしました。
インストールといっても plugins のフォルダに追加するだけなんですけどね。

で、Eclipseを起動してみたのですが・・・。設定項目がない・・・・・。
本には、設定画面でLombozの項目を選択できることになっているのですが、項目がありません。

本の環境と自分の環境はほぼ同じで、
Eclipse3.0.1 TOMCAT5.0.28 Lomboz3.0.1です。
唯一違うのがJavaで、
本では1.4を使っているのに対し、5を使っています。
そんなわけで、LombozがJava5に対応していないのではないか?と思って、Java1.4を入れてみましたが、状況は変わりません。

本の出版社のページにも行ってみたのですが、正誤表も無いようです。

ネットでいろいろ調べたのですが、だいたい本に載っているようなインストール方法で大丈夫みたいです。
いったい何が原因なんだろう???

もう少し調べた所、「Javaの道」に解決策が載っていました
Lombozを使用する時は、EMF&SDOのRuntimeもインストールする必要があるそうなんです。
で、「Javaの道」に書いてあるとおりにインストールした所、ちゃんと設定できるようになりました。
やった~。

ですが、本の説明どおりに設定したのにうまくいかなかったのにはまいりました。
出版社のページに正誤表が無いので、もしかしたら、本の書いてある順番にいろんなプラグインをインストールしていけばうまくいくのかもしれません。

ちなみにJavaは5に戻しましたが、問題なく動いています。(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年10月 »