« Webサーバマシンを購入 | トップページ | Webサーバ構築時の全コマンド(VineLinux2.6) »

2005/11/06

東芝HDDレコーダーRDシリーズからVineLinuxへダビングする

我が家のHDDレコーダーは東芝のRD-XS37です。
東芝のRDシリーズにした理由は、パソコンから設定などができるからです。
フォルダ名などの入力に、リモコンから入力するのはうんざりするし・・・。

しかも、VirtualRDってなフリーソフトを使うと、HDDレコーダーに録画した動画をパソコンに保存できてしまうのです。
そんなわけでVirtualRDをインストールしてみたのですが、何故かウイルスバスターとの相性が悪く、うまく動いてくれません。
RD-XS37から私のPCが見えないようなのです。
嫁さんのPCではうまくいくので、原因不明です。
私のパソコンは他のソフトでもウイルスバスターとの相性が悪いことがしばしばあり、トレンドマイクロにも調査をお願いしているのですが、今のところ全然解決していません。(っていうか、迷宮入りか?トレンドマイクロ!?)

嫁さんのパソコンにできてオレのパソコンではできない、そんな理不尽があっていいのか!?
と思い、いろいろ手を尽くすことにしました。

現在、実験用パソコンにWindows98とVineLinux3.1がデュアルブート環境でインストールしてあります。
こいつのLinuxで使えればいいのですが、VirtualRDはWindows用のソフトなので使えません。そこでWindows98を使うことにしました。
こいつにはファイアウォールとか無いし大丈夫だろう。
で、VirtualRDをインストールしたのだけど、うまくいかない・・・。
どうやらWindows98で使用するには、「137/udpをbindする」設定にする必要があるようで、この設定にする場合はファイル共有を使用しない設定にしておかなければいけないようです。
VirtualRDのページを参考に設定したところ、うまくいきました。
が、普段ファイル共有を使用しているし、VirtualRDを使用するときだけファイル共有を使用しない設定に変更し、また元に戻す・・・ってなことをやるのは非常に面倒です。

もっといい方法がないかな~と思った所、VirtualRDのページのリンクに、「RDService Java版のRD→PC(Windows/MacOS/Linuxなどで使用可能) 」ってなのを見つけました。
おおおお!?Linuxで使えるソフトがあるのか?
もしそれができるなら、願ったり適ったりです。

RDServiceのページを見てみたところ、Mac用に作られているが、Javaで作っているのでLinuxやWindowsでも動く、とのこと。
RedHat7での動作実績はあるようです。
RedHatで動くならVineでも動くだろうってな安直な考えで、試してみることにしました。


以下、実行したコマンドです。
※オリジナルの起動用のシェルスクリプトではsudoコマンドを使用して一般ユーザーで実行できるようにしていますが、sudoの設定をしておく必要があります。
 私のやり方では、起動スクリプトを書き換えてrootユーザーのみが実行できるように変更しています。

私の環境
VineLinux3.1
Java J2SE 5.0 Update 5
Javaのランタイムがインストールされているのが前提です。
javaコマンドが実行できるように、パスを通す必要があります。
Javaのインストールは「Linuxで自宅サーバ」の「Java環境の設定」が大変解りやすいです。

○インストール
/tmp にダウンロードしたとして、
rootでログイン
適当なディレクトリに移動します。(ここでは/usr/local/src)
cd /usr/local/src
解凍します。
mv /tmp/RDService_1.0b3.zip ./
unzip RDService_1.0b3.zip

解凍したディレクトリを適当なディレクトリ(ここでは/usr/local/sbin)にコピー。
cd /usr/local/sbin
cp -r /usr/local/src/RDService ./

○起動シェルスクリプトの書き換え
cd ./RDService
念のため、起動シェルスクリプト(RDService)のバックアップを作っておく
cp RDService RDService.BACK
間違って実行すると危ないので、バックアップから実行権限を除いておく
chmod a-x RDService.BACK
起動シェルスクリプトの書き換え
vi ./RDService

以下のように記述
#!/bin/bash
java -jar ${0%/*}/RDService.jar -s -p 5500:5509 -d /home/kyouyuu/movie $@

※-d には、ダビングしたファイルを置くディレクトリを指定


○FTPサーバが停止していることを確認
/etc/init.d/proftpd status
proftpdは停止しています

※起動している場合は停止させる
 /etc/init.d/proftpd stop
 また、起動させるときは
 /etc/init.d/proftpd start


実行方法
rootで
cd /usr/local/sbin/RDService
./RDService

RDServiceが起動し待機するので、HDDレコーダーからダビングする。

停止する時は、Ctrl+C キーを押します

|

« Webサーバマシンを購入 | トップページ | Webサーバ構築時の全コマンド(VineLinux2.6) »

VineLinux」カテゴリの記事

東芝HDDレコーダーRDシリーズ」カテゴリの記事

コメント

今頃TBされたのに気づきました(笑)
過去記事から、あなたのPCがWindowsXPと判断しました。

以下は私が思いつく対策です。
ウイルスバスターのファイアウォールは例外でFTP許可になってれば良いはずです。
Windowsファイアウォールの例外設定にVirtualRDを登録してますか?
VirtualRDのベータ版は試されましたか?

投稿: flash | 2005/11/10 04:24

コメント、ありがとうございます。
ウイルスバスターの件ですが、今日、急に正常に接続できるようになりました。
今年の冬からず~っと繋げなかったのですが・・・。
環境は、
Windows2000で、ウイルスバスターのセキュリティレベルを高にしてました。

最近、ウイルスバスターの修正ファイルがいくつかダウンロードされていたようなんで、その中のどれかに不具合があったんじゃないかなと思っています。

これで、私のパソコンでもVirtualRDが使えるようになりました!
って、せっかくだからLinuxの方をメインにつかいますけどね。(汗)

投稿: ひろちゃん | 2005/11/11 02:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54336/6930735

この記事へのトラックバック一覧です: 東芝HDDレコーダーRDシリーズからVineLinuxへダビングする:

» RDService はスゴイ!! [日々のあしあと]
うちではしばらく前に購入した東芝製の HDD レコーダー RD-XS53 を 使っているんだけど、この機種にはネット de ダビング という面白い 機能が付いている。 これはLANでつながった RD シリーズのレコーダー同士の間で、録画した 映像を無劣化ダビングできるという代物。 当然 RD シリーズを2台以上持っていないと本当は使えない機能なんだけれども、 驚いたことにこの仕組みを解析してレコーダーから PC にダビングできるように するプログラムが開発されている。 で、今回いくつか... [続きを読む]

受信: 2005/11/09 15:55

» DVDレコーダー壊れた(泣) [パソらぼ]
「買ったけどまだ届かないので届いたら続き書きます」と予告しておきながらすっかり放置していたTOSHIBA W録 RD-XS37 160GB WEPG搭載HDD&DVDレコーダーのお話です。 7月に買ってからすっかり気に入ってTVっ子になっていたYUMIZO。 噂には聞いていましたが、EPGでの録画予約の簡単さ&HDDにどんどん録れる手軽さで、今までは仕事で帰りが遅かったりであきらめていたドラマなど、片っ端から予約しまくり。ダンナさまが好きなモータースポーツ関係の番組もジャンル検索でき... [続きを読む]

受信: 2005/11/09 23:18

» RD-X5と玄箱で夢がヒロガリング [TeamSinzi Mishi's Blog]
HDDレコーダー活用しる。 他の部屋(2F)にあるHDDレコーダー(RDシリーズ... [続きを読む]

受信: 2005/11/13 01:22

« Webサーバマシンを購入 | トップページ | Webサーバ構築時の全コマンド(VineLinux2.6) »