« ノートパソコンを買いました。 | トップページ | xpenguins »

2006/05/01

librettoU100でデュアルブート

librettoU100を買ってすぐに、WindowsXPとVineLinux3.2をデュアルブートしました。
ノートPCということもあり、NTLoaderからデュアルブートできるようにしようと思いました。
今まで何度かデュアルブートさせたことはありますが、NTLoaderを利用する方法はやったことが無く、初めての経験です。
うまくいくかな・・・???

参考にしたのは、@ITのLinux Tipsの「Windows XPとLinuxを共存させるには(LILO編)」です。


以下作業手順です。

まず、取り扱い説明書を読んで、リカバリ用ディスクを作っておく。
本当は作らなくても大丈夫なんですが、最悪リカバリ用のパーティションを破壊すると困るので、DVDとCDに焼いておきました。

取扱説明書を読みつつ、パーティションを変更&WindowsXPを再インストール。
私の環境は、

基本領域
WindowsXP  20G
以下拡張領域
WindowsXP用マイドキュメント 16G(最後に残り全部を割り当て)
Linux用 16G

といった感じです。
WindowsXPインストール後に、残りのパーティションを作成し、マイドキュメント用パーティションをフォーマットしておきます。


次に、MBMが起動できるように設定します。
というのも、Linux用の起動ディスクを作成できないので、MBMから起動しないとLinuxを起動する手段が無くなってしまうからです。
MBMのアーカイブを解凍すると、mbm038.144ってファイルがありますが、これがフロッピー用のイメージです。
これを、東芝のSDカード用のツールでSDカードからブートできるように書き込みます。
SDカードが無い場合は、フロッピーイメージをISOイメージに変換して、ISOイメージをCDに焼けるツールからCDに焼くってな手間が必要になります。

一度、MBMからWindowsが起動できるか確認しておきます。
電源投入後、TOSHIBAの文字が出た時にUSBメモリ&SDカードからブートする部分にカーソルを合わせて起動させます。
電源投入後F12を押すと、ゆっくりできます。
MBMが起動するので、1.Boot menu を選択し、次の画面でWindowsXPのパーティションを選択すると、WindowsXPが起動するはずです。


VineLinux3.2をインストールします。
DVDドックからインストールCDを使ってインストールしました。
実は3.2を入れる前に3.1を入れたのですが、その時は自動でDVDドックからインストールできました。
でも、3.2の場合は、CDからの起動直後の画面で
boot: プロンプトに linux usb-storage オプションを入力する必要がありました。

USBマウスを付けてインストールすると、アキュポイントが使えなくなりますが、普段から使ってないのでマウス使いました。(笑)

一番気を付ける点は、lilloのインストール場所です。
デフォルトの「マスターブートレコード」にインストールしてしまうとNTLoaderからブートすることができなくなるので、「ブートパーティションの最初のセクタ」を選択します。
lilloからデュアルブートしたい場合は、マスターブートレコードにインストールすれば良く、これが一番簡単と言えば簡単なんですけどね。

後はだいたいデフォルトで大丈夫だと思います。
画面の解像度を1280×768にするとか、なんとなくわかると思います。
グラフィックカード選択の際、メモリをデフォルトの16Mにしたのですが、llibrettoU100は64M割り当てられていたんですね。(T_T)


インストールが終了したら、MBMからLinuxを起動させます。
起動したら、
# dd if=/dev/hda6 of=linux.pbr bs=512 count=1
みたいにコマンドを打って、PBR部分をファイルにします。
/dev/hda6 は、ブートのあるパーティションです。
df とコマンドを打てばパーティションとサイズが出てくるので、bootがどこかは判ると思います。
(ちなみにあとで書きますが、私はここで失敗してます。(汗))

このファイルを、Windowsに持っていく必要があります。
フロッピーが無いので、ここはちょっと難しいですね。
私の場合は家にFTPサーバ(玄箱)があるので、それ経由でファイルを受け渡しましたが、
USBメモリで渡すのが簡単かもしれません。
ちなみに過去に「Vine Linux でUSBメモリを使う」ってのを書いています。

今度はWindowsXPを起動して、先ほどのファイルをシステムドライブ(普通はCドライブのはず)に置きます。
で、c:\boot.ini をメモ帳とかテキストエディタで開きます。
c:\boot.ini はシステムファイルなので、エクスプローラの設定で、なんでも全部見える設定にしておかないと見えないと思います。

で、boot.iniの一番最後に
c:\linux.pbr="Vine Linux"
とかしておけば、NTLoaderを使用したデュアルブートの出来上がりです。

が・・・。私はうまくいかなかったんだな・・・これが。
いろいろ原因を探ったところ、先ほど書いたように、LinuxのPBRを抜き出す所で、bootではなくrootのパーティションのPBRを抜き出していたんだな。これが・・・。
もちろんそんな所にlilloはありませんし、起動するわけがありません。
だって@ITの説明に、そんなこと書いてなかったし~。(T_T)

再度、bootパーティションのPBRを抜き出して設定した所、うまくいくようになりました。

|

« ノートパソコンを買いました。 | トップページ | xpenguins »

librettoU100」カテゴリの記事

VineLinux」カテゴリの記事

Windows」カテゴリの記事

デュアルブート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54336/9838996

この記事へのトラックバック一覧です: librettoU100でデュアルブート:

« ノートパソコンを買いました。 | トップページ | xpenguins »