« カスペルスキー インターネットセキュリティ5 購入 | トップページ | SCSIのPCIカードを買う »

2006/09/17

KNOPPIXをUSBメモリから起動する

前回、USB-KNOPPIXを使用するで KNOPPIX 4.0.2 をUSBメモリから起動しましたが、PC-JAPAN9月号にKNOPPIX5.0.1を使った方法が載っていたので、今度はこちらの方法で挑戦してみました。

ハードは、前回と全く同じです。
○インストールした機種
TOSHIBA
libretto U100/190DSB(ノートPC)
○USBメモリ
ELECOM MR-GU2A13BK(メモリリーダライタ)
UMAX SuperMax 1GB(SDメモリカード)


まず、USBメモリのパーティションを2つに分けます。
・・・・って、USBメモリってパーティション分けれるんですか!?
起動させるだけならパーティションを分ける必要は無いのだけれども、同じUSBメモリにKNOPPIXの設定などを保存するなら、パーティションを分けると、起動側とは違うパーティションを書き込み可能でマウントできるそうです。
そういえば、前回試した時はパーティションを分けていなかったから、KNOPPIXの入ったUSBメモリにデータの保存が出来ませんでした。

そんなわけで、USBメモリのパーティションを分割します!
記事には、メーカーサポート外なんで自己責任で!みたいな脅し文句が書かれていますが、KNOPPIXをUSBメモリ化しようなんて人には馬の耳に念仏でしょう。

KNOPPIXをCDから普通に起動し、USBメモリを挿すと、認識してくれます。
「システム」→「QTParted(Create, reorganize and remove partitions)」ってのを起動します。

USBメモリは、だいたい /dev/sda にあると思います。容量などで確認できると思います。
USBメモリのパーティションを右クリック、「削除」でパーティションを削除してしまいます。
次に、パーティションを右クリック、「新規作成」で、パーティション作成のダイアログが開きます。
「Primary Partition」「fat16」を選択。KNOPPIXインストール用のパーティションは、800MBぐらいあると良いそうです。
KNOPPIXをインストールするパーティションには、パーティション選択→右クリック→「アクティブに設定」を選択しておく必要があります。
残りのパーティションも同じようにfat16で作成します。
画面左上のフロッピーディスクのアイコンをクリックすれば、パーティションが作られます。


前回の方法は、USB-KNOPPIXを使用して起動しましたが、PC-JAPANに載っている方法は SYSLINUX を使用して起動する方法です。
http://www.kernel.org/pub/linux/utils/boot/syslinux/
から syslinux-3.20.tar.bz2 をダウンロードします。

KNOPPIXのrootになります
$ su -
syslinux-3.20.tar.bz2 をダウンロードしたディレクトリに移動し、展開
# tar jxpf syslinux-3.20.tar.bz2
展開したディレクトリに入り、syslinuxを実行します。
# cd syslinux-3.20/unix/
# syslinux /dev/sda1
/dev/sda1 は、USBメモリの最初のパーティションのある場所です。

これで、USBメモリのブートローダが書き換わりました。
・・・え? ブートローダを書き換えて大丈夫なんですか!?

・・・気にしないで次に行きます。
KNOPPIXのCDから、以下のファイル、ディレクトリをUSBメモリの第1パーティションにコピーします。
boot/isolinux ディレクトリ以下の全ファイル
KNOPPIX ディレクトリ

あとは、コピーしたディレクトリにある isolinux.cfg のファイル名を syslinux.cfg に変えます。

USBメモリの第1パーティションの中は、こんな感じです。
Usbknoppix
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
以上で終了です。

おおお!KNOPPIX5.0.1が起動した!
でも、KNOPPIX5.0.1は libretto U100 の無線LANを認識してくれませんでした。
後は特に問題なく使えています。

ちなみにWindowsからUSBメモリを見ると、2つめのパーティションが見えませんでした。(汗)
ま、KNOPPIX専用ということで。

※07/01/06 追記
その後、コメントに書き込んでくださった方の情報などから、Knoppixのインストール先を第二パーティションにした方が、データ用のパーティションをWindowsでも使えて使い勝手が良いことが判りました。
Windowsでは第一パーティションしか見えないんですよ。
現在は、第一パーティションを200M(データ用)、第二パーティションを700M(Knoppix用)、残りを第三パーティション(Knoppixの設定保存用)の3つに分けて使っています。

|

« カスペルスキー インターネットセキュリティ5 購入 | トップページ | SCSIのPCIカードを買う »

KNOPPIX」カテゴリの記事

USBメモリから起動」カテゴリの記事

コメント

第2パーティションは700MBくらいでパーティションを切って、knoppix起動パーティションにし、第一パーティションをデータ保存用にしておくと便利ですよ。

投稿: | 2006/11/25 21:52

書き込みありがとうございます。
私もその後いろいろと検索している時に、起動パーティションを第二パーティションにするという方法を知りました。
実際に試していないので分からないのですが、
syslinux実行時の引き数を第二パーティションにするといいんでしょうかね。

投稿: ひろちゃん | 2006/11/27 01:15

こちらのサイトを参考にUSBメモリーへKnoppix5.0.1(ライブCDの部屋版)をインストール出来ました。ありがとうございます。
第一パーティション280Mをデータ保存用にして、第2パーティション700Mにインストールしても、Okでした。
第3パーティション20Mも作り、設定保存、ブックマークやコーデック、壁紙入れにしてみています。

投稿: | 2006/12/22 13:38

こんにちは。
パーティションを3つにするアイデアはいいですね。
Windowsから設定ファイルが見えてしまうのもどうかなと思ってましたので。
Windowsから隠すファイルは3つ目に入れておけばいいですよね。

KNOPPIXをUSBに入れていると、なんちゃってVAIO-Uみたいな使い方ができるので便利ですね。

1Gのメモリもかなり値下がりしてきたので、今度はちゃんと1Gのメモリとして買おうとか思っているのですが、たぶんまた実験台になるんだろうなあ・・・。

投稿: ひろちゃん | 2006/12/23 00:57

質問ですが、2つめのパーティションにインストールする場合は、syslinuxの操作で

# syslinux /dev/sda2

とすればよいのでしょうか?

投稿: | 2007/03/18 11:01

そうです。基本的に
# syslinux /dev/sda2
でいいのですが、環境によって変わることもあるので、念のため QTParted で容量などを確認しておくと良いと思います。

投稿: ひろちゃん | 2007/03/19 22:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54336/11936640

この記事へのトラックバック一覧です: KNOPPIXをUSBメモリから起動する:

« カスペルスキー インターネットセキュリティ5 購入 | トップページ | SCSIのPCIカードを買う »