« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007/02/05

KNOPPIX5.1.1をUSBメモリから起動する

KNOPPIX5.1.1(日本語版)が先月リリースされました。
ここ最近音沙汰の無かったKNOPPIXだけに、待ってました!といった感じです。
Knoppix5_1_1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オフィシャルページでは「今回の目玉は3Dデスクトップ beryl+emerald の収録でしょう。」
とのことなので、早速試してみました。
試した環境は、
CPU AthlonXP 2500+
グラフィック RADEON9600PRO
で、それなりにサクサク動いていました。
調子に乗ってエフェクトかけまくると激重でしたが。

3DデスクトップっつーのでVistaみたいなのを期待すると肩透かしをくらいます。
「3Dデスクトップ」と言うより、2Dデスクトップのエフェクト強化版ですね。
XPですらLunaのアニメーションを使わない私なんで、今の所はこんなもんかな・・といった感じです。
Linuxの3Dデスクトップの機能面での成熟はもう少し先のようです。

でも、こういうことが何の設定もいらず(起動時のBootオプションは必要ですが)簡単にできるのはKnoppixの最大の魅力ですね。


前置きはここまでにして、KNOPPIXを手に入れたら、とりあえずUSBメモリに入れたくなるのが人情ってもんです。
ここのブログの訪問者の大半は、KNOPPIXのUSB化の記事目当てのようですし。
過去の KNOPPIX USB化 に関する記事
USB-KNOPPIXを使用する
KNOPPIXをUSBメモリから起動する

KNOPPIX5.1.1のもう一つの目玉、
「動作しているKNOPPIXから起動可能なUSBメモリを作成する mkbootdev が実験的に入っています。」
とのことで、今回は簡単にUSBメモリへのインストールができるようです。
が、ネットで調べてみましたが、今の所まだ情報が出てきていないようです。
そんなわけで、とりあえず試してみました。
環境は、前回と同じです。

○インストールした機種
TOSHIBA
libretto U100/190DSB(ノートPC)
○USBメモリ
ELECOM MR-GU2A13BK(メモリリーダライタ)
UMAX SuperMax 1GB(SDメモリカード)

インストールに使用したのは、CD版のKNOPPIX5.1.1です。

まず、ターミナルを起動します。
rootじゃないとダメかなと思ったのですが、knoppixユーザーのままでもOKでした。
mkbootdevの場所へ移動します。
$ cd /usr/sbin/
$ ls
沢山のファイルの中に mkbootdev があると思います。
実行します。
$ ./mkbootdev

後は、GUIで作業できます。英語ですが、簡単な英語なんで辞書片手にでも読めばなんとかなると思います。
Mkbootdev_1

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
注意点として、
USBメモリをパーティション作成から行うと、USBメモリ全体を1つのパーティションとして作成します。
(パーティションの分割は行わない)
また、既にパーティションを分割したUSBメモリに、パーティションを作成せずにインストールすると、パーティション1つ目にインストールされます。
USBメモリの容量チェックは行わずにいきなり書き込むので、インストール前に容量はチェックしておきましょう。
(700Mあれば問題無いです。)

PC-JAPANでの情報を元に行った方法(syslinuxを使う方法)でもやってみましたが、問題なくインストールできました。
syslinuxはここから最新版の syslinux-3.35.tar.bz2 をダウンロードして使いましたが、問題ありませんでした。


その他、今回のKnoppix5.1.1で気付いたことです。

PCに libretto U100/190DSB を使いましたが、boot:プロンプトで
fb1024x768
を指定しておかないと、起動後画面がおかしくなります。
(カーソルが見えなくなったりする。見えていないだけなんで、クリックなどはできます。)
以前のバージョンまでは普通に起動できたんだけどなあ。
オンボードのグラフィックチップを使っているノートなんかは、fb1024x768 のようなフレームバッファのオプションは必須なのかもしれません。

DVD版のKNOPPIX5.1.1もダウンロードしたのですが、 B's Recorder GOLD5 では
-----------------------------------------
現在のトラック構成は、DVD(R/RW)に書き込むことができません。

対策・説明
DVD(R/RW)メディアに、複数のトラックやUDF/ISO9660ファイルシステム以外の
トラックを書き込むことはできません。
-----------------------------------------
というエラーが発生してDVDに書き込めませんでした。
isoイメージのフォーマットが何なのか解らないのですが、古いイメージ書き込みソフトだと書き込めないようです。
嫁さんが使っている B's Recorder GOLD7 では、問題なく書き込めました。
う~ん、UDFのバージョンの問題なのかも。

| | コメント (4) | トラックバック (4)

F-Secureインターネットセキュリティを使用する

去年、ウイルスバスターから乗り換えたマカフィーのライセンスが切れました。
マカフィーの起動が遅かった際のサポートの対応がプーだったので、他のセキュリティソフトに乗り換えようと思いました。
マカフィー自体は、ウイルススキャンとファイアウォールは良く出来ていて気に入っていたんだけど。
(スパムメールキラーは最悪でしたが。)

候補は、現在ノートPCで使用しているカスペルスキーと、PC-JAPANのおすすめソフトになったF-Secureインターネットセキュリティ2007です。
F-Secureもカスペルスキーのエンジンを使っているにもかかわらず、カスペルスキーの方が値段が高いのが謎です。
F-Secureは1ライセンス3台まで使えるのも魅力。
そんなわけでF-Secureにすることにしました。PC-JAPAN12月号に3月2日まで使える体験版が付いていたので、それをインストールしました。
もちろんムーミン版です。
嫁さんがムーミン好きなもので。バスター使っている嫁さんに見せびらかしています。

かなり細かい所までチェックしている割には、PSO-BBが普通に遊べているので、けっこうデキのいいソフトだと思いました。
PSO-BBのnProはかなりクセがあるのになあ。
デフォルト設定でだいたい問題無いのですが、やろうと思えば細かいチューニングもできるようです。
ウイルススキャン時、大変重くて時間が掛かるのが欠点ですが、それ以外は今の所問題は出ていません。

2007/02/09 追記
アプリケーションのプロセスを離さない問題が発生しました。
リアルタイムスキャンの「システム制御」の「システム制御を有効にする」状態になっていると、アプリケーションから別のアプリケーションを起動するようなアプリケーションを使用すると、そのアプリケーションを閉じてもプロセスが残ったままになり、タスクマネージャ上からも削除できなくなります。
別アプリケーションをフックするアプリケーションだと、ほぼ起こります。
Winampから歌詞を表示するEvilLyricsを起動させると、Winampのプロセスが残ります。
ゲームのエミュ関係も同じ原因でプロセスが残ります。
システム制御のアプリケーションの登録を行っても回避できなくて、「システム制御を有効にする」のチェックを外してからアプリケーションを起動すると、問題は出ません。

正式ライセンスを購入したら、サポートに聞いてみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電源を交換する

この間、ついにPCの電源が壊れました。
ま、電源は消耗品なので、そのうち壊れるものです。嫁さんのPCも一度交換しています。
(FMVは10年間交換しなかったってことだなあ。さすが富士通)

電源は、4年ほど前にPCのケースを買ったときに付いてきた、TORICAの静シリーズの400Wです。
名前どおり静かな電源でした。

PC付けっぱなしにして風呂に入り、戻ってきたら電源が切れていて、あれ、電源切ったっけ?と思いつつ電源を入れなおしたけど電源が入りませんでした。
マザーには通電している感じだったんだけど、スイッチを入れて電源のファンが回っていない所から、すぐ電源のトラブルだと気づきました。
念のため、別のPCに載せていた電源を繋ぐと、マザーが起動したので間違いありません。

月末だったもので、月初に提出する書類がPCに入ったままなわけで、困りました。
うーん、これが無いと給料もらえない。(T_T)
マザーが起動しないことには何もできません・・・。最悪、ハードディスクを引き出すか???


そんなわけで、早速電源を買いに行ってきました。
私がパソコンを組んだ頃は、350W電源が主流で、電源に余裕があるものをと思って400Wのケースを買ったのですが、今では400Wといえば少ない方で、500W以上が主流なんですね。
1KWを越える電源もあり、ビックリしました。
ブレーカー飛ぶっつーの。もう半導体のことを弱電なんて呼べませんな・・・。

一言に電源と言ってもピンキリで、もちろん電源容量が大きければ値段も高いんだけど、同じW数でも値段にかなり差があります。
安いものだとすぐ壊れると思うので、思い切って高い電源を買いました。
たぶんこのPCとは、まだまだお付き合いすることになりそうだし。
買った電源は、SkytecのSKP-400GX です。
箱はいたってシンプルなんですが、耐久性がどうの!とか、丈夫さがウリのようです。
後で説明書のPDFをメーカーのページから落として見たら、「ファン寿命12年」とか書いてありました。(汗)
Vistaの次のOSの時代まで大丈夫か!?(笑)

早速電源を載せ換えました。
以前の電源は、電源の横のみ空気穴が空いていたのですが、この電源は今時主流の電源の下から吸気するものです。
おかげで、普段CPU温度が60℃前後だったのに、電源を換えたとたんに50℃未満でアイドルするようになりました。
CPU温度に電源がここまで関わっていたとは・・・。
静音性よりも耐久性重視の電源とのことですが、そんなに音も気になりません。
私のPC、背面ファンがうるさいので気付かないだけかもしれませんが。

というわけで、このPCで後10年は戦えそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »