« Ubuntu7.10でプレステエミュを使用する | トップページ | Ubuntu7.10 で Bluetoothキーボード&マウスを使う »

2007/12/24

Bluetoothのキーボードとマウスを買う

愛用のノートPC librettoU100 なんですが、あまりの小ささにキーボードの使い勝手がいまいちなんです。
慣れてくるとWebでの検索程度なら問題なく使えるのですが、メールやブログの記事など長文を書くには向いていません。
そこで、前から librettoU100 用のキーボードが欲しいと思っていたのです。

librettoU100は東芝製のノートPCということもあり、Bluetoothが内蔵されています。
キーボードもマウスもBluetoothにしてしまえば、USBを抜き差しする必要も無く快適に使えるかな〜と思ったわけです。
ま、Bluetoothが付いてるなら使おうかなとか思ったわけで。
なんか東芝の戦略に乗せられているなあ・・・・。

そこでここ数ヶ月ほど、Bluetoothについていろいろと調べてみました。
Bluetoothって最近の規格かと思いきや、USB2.0より古い規格だったんですね〜。
そんな規格でありながら、Bluetoothを使っているPCユーザーはかなりマニアックな少数派ですよね。
私も今までは知らない派だったわけだし。
ちなみに、うちの嫁は昔からのコアなPCユーザーだから、一般人が知らないマニアックな規格にはけっこう詳しく、Bluetooth1.1を使用してPHSからインターネットに接続していた強者です。


日本ではほとんど普及していない規格なんで、キーボードもマウスも種類が全然無く、選択肢が限られてしまいます。
値段もPS/2やUSBが高くて数千円で買えるのに対し、Bluetoothキーボードは安くて1万円程度もしてしまいます。
この辺も普及を阻んでいる一因ですね。
パソコン雑誌やパソコンショップで製品をしらべ、目に付けたのがシグマA.P.Oの ELBT106BRと、サンワサプライの SKB-BT08BKです。
デザインのELBT106BRか(むちゃむちゃデザインがかっこイイ)、使い勝手のSKB-BT08BKか、という所ですね。

マイクロソフトも出しているのですが、毎度のことながらむちゃむちゃデカいんですよね。
librettoU100の代替キーボードには相応しくなかったので却下しました。
ただし、Linuxで使おうとした場合など、他メーカーより使っている人が多いので情報が多いという利点はあります。
ロジクールも出しているのですが、2万円を越える高級品とかなんで、こちらも却下しました。
Linuxで使うことも想定しているので、Windowsに特化した高級品は反って使いにくいです。

ボーナスが入ったのを期に、いざ買いに行ったらELBT106BRが売り切れていて(今のBluetoothキーボードのイチオシなんでしょうね。)、選択する間もなくSKB-BT08BKに決まってしまいました。
今から考えると、ELBT106BRはキーが大きめで若干キー入力がしにくかった印象なので、この選択で良かったと思っています。

マウスにいたっては選択肢が全然無く、お店にはVAIO用のBluetoothマウスと、サンワサプライのMA-BTLS6しか置いてありませんでした。
そんなわけで、マウスもサンワサプライ製にして統一しようと考えたわけです。

これで、合計2万円ぐらいになります。
私が普段メインで使っているキーボードが、LG電子の韓国製PS/2無線キーボード(でも日本語キーボード)&マウス1500円を使っています。(値段の割に使い勝手はかなり良くてお気に入りです。)
サーバには最近まで400円のものを使っていましたが使い勝手があまりにも悪く、HP純正のPS/2キーボードを700円で手に入れて使っています。
Bluetoothにすると、2万円ですか。ボーナス出てなければ買っていませんって。


早速、librettoU100のWindowsXPで設定して使ってみました。

まずマウスですが、
Bluetoothの性質上、使用後数秒放っておくと電池の消耗を防ぐために待機モードになるのですが、復帰時に若干時間がかかるのでこの辺が正直微妙です。
特にマウスは待機モードから復帰する時に1秒ほど待たされるので、一瞬掃除していないボールマウスのような動きになります。
またマウスのレーザーが若干強めで、マウスを少し浮かせた状態でもマウスカーソルが動いてしまうので、赤外線マウスの使用感とは若干異なります。
慣れるとこんなもんかなと思うようになりますが、最初は高い値段の割にこの程度か!?と思いました。
マウスのバッテリーへの充電はUSBポートから行い、充電中も使用可能とか、この辺の使用感は良いと思いました。

キーボードの方ですが、
こちらは使用感に特に不満は無いです。
ただ、電池の寿命がカタログスペックで、「1日8時間使用で約3ヶ月」って書いてあります。
これって少なくない?
LGのPS/2無線キーボードなら、少なくとも1年は電池のことを考えなくて良いです。
普段1日8時間も使わないので、もしかしたら同じぐらいの妥当な数値なのかもしれませんけど。


Bluetoothって非常にクセのある規格だなあと思います。
無線の規格を一般化しているため、メーカー独自の規格とは異なりセキュリティ対策の為に独特の設定が必要になります。
この辺は無線LANも同じですが。
Wiiとかでも使われるようになったし、本格的な普及はこれからなのかな。
もっと機種が増えれば安くなるかもしれませんが、今の所は性能の割に値段が高いよなあ・・・という印象です。

ちなみに、サンワサプライって他社用キーボードカバーを作っているのに自社用は作っていないんですね。(汗)
今は汎用のキーボードカバーを付けています。(もちろんサンワサプライ製(笑))

|

« Ubuntu7.10でプレステエミュを使用する | トップページ | Ubuntu7.10 で Bluetoothキーボード&マウスを使う »

Bluetooth」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54336/17459396

この記事へのトラックバック一覧です: Bluetoothのキーボードとマウスを買う:

« Ubuntu7.10でプレステエミュを使用する | トップページ | Ubuntu7.10 で Bluetoothキーボード&マウスを使う »