« オメガドライバ導入 | トップページ | Ubuntuにウィンドウ選択機能を付ける »

2009/12/31

Linux で Kega Fusion を使う

お気に入りのメガドライブエミュレータの KEGA Fusion が3.63にバージョンアップしていました。
Windowsでは有名なエミュレータですが、なんと3.62以降、Linux版、Mac版まで作ってくれています。
Linux版の出来が大変良かったので記事にしてみました。Linuxでセガエミュレータを使いたい人には朗報です。

まず、VineLinux5にインストールしてみました。
RPMとかはなく、tar.gzだけです。でも解凍するとバイナリファイル1個だけなのでインストールは簡単です。
ユーザーのhomeにでも解凍してダブルクリックすると、Windows版同様に使えます。
VineでSelfBuildで提供してくれているGENSやDGENより軽くて良く出来ています。
Pentium3の1Ghz、グラフィックが Matrox MillenniumG450 な環境で快適に動きました。(GENSだとメガドラのゲームでガクガク。)

Kega Fusion自体の設定も簡単で、
Options の
Perfect Sync にチェックを入れる。(シルフィードが動くようになる)
Use Alternate Timing もチェック
Sleep While Waiting もチェック(CPU使用率が下がる)
ぐらいです。
ジョイスティックも普通に使えます。(ボタンの設定は必要ですが。)

ただし、メガドライブはBIOS無しで動きますが、メガCDや32XはBIOS必須です。
シルフィードが問題なく動くのには感動しました。
(画面はUbuntuでのスクリーンショットです。)
Silpheed


次に、ノートPCのUbuntu9.10にインストールしてみました。
動作に問題無し。バーチゃレーシング(メガドラ版)もこの通り。
Virtuaracing
PentiumM733(1.10Ghz)&オンボードグラフィック(855GME)ってなスペックでもCPU使用率9割ぐらいで動きます。

ただ、パッケージでは無いので当然のことながらメニューには登録されません。
そこで自力でメニューに登録しました。
メニュー(「アプリケーション」と書いてある所)を右クリック、「メニューの編集」を選択すると、メニューを追加できます。
昔のGNOMEはメニューの編集が大変だったけれども、今は簡単にできます。

メニューに表示するアイコンが必要ですが、Kega Fusion には付いてきません。Windows版だとKマークなんですけどね。
そこで、ネットでメガドライブのアイコンを探した所、作っている方っていらっしゃるのですね。
アイコンの部屋からクールなメガドライブアイコンをダウンロードしてきました。
Screen
こんな感じです。

|

« オメガドライバ導入 | トップページ | Ubuntuにウィンドウ選択機能を付ける »

Ubuntu」カテゴリの記事

VineLinux」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54336/47158155

この記事へのトラックバック一覧です: Linux で Kega Fusion を使う:

« オメガドライバ導入 | トップページ | Ubuntuにウィンドウ選択機能を付ける »