« VineLinux5.0インストール | トップページ | Linux で Kega Fusion を使う »

2009/12/28

オメガドライバ導入

最近、Windowsパソコンが不安定になってきました。
通常使う分には問題が無いのですが、DirectXやOpenGLでグラフィックボードに負荷が掛かると、DVDやフロッピーのアクセスランプが点灯し、さらに負荷を掛け続けるとOSが落ちて再起動する、というパターンです。

グラフィックボードに負荷が掛かると落ちるので原因はグラフィックボードのドライバっぽいです。
ちなみにグラフィックボードは、ATIの RADEON9600Pro です。
ドライバの再インストールも手なのですが、この際、オメガドライバを入れよう、と思ったわけです。

で、どこからダウンロードできるのか調べたのですが、サイトのURLが変わってしまったのか、古いサイトからのリンクだと、違ったページに飛ばされます。
ウィキペディアのRADEONの項目からだと正しくリンクされていました。
ちなみに http://www.omegadrivers.net/ です。

OmegaDrivers を選択すれば、NVIDIA Omega Drivers か ATI Omega Drivers を選択します。
後はOSを選択すればダウンロードします。
ダウンロードサイトが複数登録されていますがダウンロード方法が全然違うので、判り易いサイトを選べばいいと思います。


私はインストールをセーフモードで行いましたが、インストール時の文字が潰れて読みにくかったです。
インストールは普通に行い、既存のドライバのアンインストールからセーフモードで行うのがいいかもしれません。

セーフモードの「アプリケーションの追加と削除」(Windows2000なもので・・・)から既存ドライバをアンインストールし、オメガドライバをインストールして再起動、再起動時にグラフィックカードのドライバを選択することになるので、オメガドライバのインストール先を指定すればOKです。

ただし、この時、dllが1つ見つからずエラーになりました。
atioglx1.dll です。
とりあえずその場は無視してインストールを続行し再起動。
無事起動したので、オメガドライバのインストールフォルダから上記dllを探したのですが見つかりませんでした。
C:\ATI に純正ドライバのdllが残っていたので、そこから検索したらありました。
そこで、純正ドライバのdllをオメガドライバのインストールフォルダにコピーし、グラフィックカードのドライバを再設定しました。

ATI Tray Tools は最初英語でアセりますが、Tools&Options→General Options を選択すれば日本語に変更できます。


使用感ですが、格段に負荷に耐えられるようになりました。
これは、純正のドライバから変えたから、というのでは無く、もともとドライバが壊れかけていたんでしょう。
かなり負荷の掛かるようなことをすると、同じように不安定になりました。

|

« VineLinux5.0インストール | トップページ | Linux で Kega Fusion を使う »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54336/47134020

この記事へのトラックバック一覧です: オメガドライバ導入:

« VineLinux5.0インストール | トップページ | Linux で Kega Fusion を使う »