« マウス新調 | トップページ | Ubuntu11.04へアップグレードする »

2011/05/08

MP3プレーヤー用のヘッドホンを買いに行く

MP3プレーヤーは、Transcend の MP320 を愛用しています。
Transcend って、破格の値段の割に音質が頑張っているのでお気に入りです。

いっしょに付いてくるヘッドホンも、そこそこ聴けるレベルなんで(iPodのヘッドホンってけっこう酷評されてるけど、そんなにひどいのか?)、そのまま使っていたのですが、とうとう断線して片方が聞こえなくなりました。


ヘッドホンを買い替えようと思い、ネットで調べてみたところ、ビクターのコストパフォーマンスが良さそうな感じです。
ビクターと言えば、ウッドコーンの音に惚れてコンポ買っちゃったぐらいなんで、けっこう好きなメーカーなんですよ。

で、MP3プレーヤー持参で買いに行きました。
予算は3000円目標

試聴曲
・YES Roundabout
この曲の出だしのギターの高音と、その後のベースの低音がまともに聴けることが条件

・RIOT Thundersteel
普段メタル聴くのに使うのでcoldsweats01、サンダースティールが気持ちよく聴ければどんな曲でもOKなんじゃないだろうか。


まず、ビクターの2000円~5000円ぐらいを聴いてみたのですが、もう一つパッとしないんです。
HA-FXC51 は確かによくできていて、コストパフォーマンスはけっこう高いと思いましたが、高音がいまいちシャキっとしない印象です。
だいたいこの値段だと、高音のシャッキリ感が自分の理想より少ない感じなのです。
オーディオテクニカも試しましたが、同じ印象でした。

数万円するむっちゃ高いやつも聴き比べてみましたが、高いからと言って自分の理想の音とは違うものもあり、お気に入りのヘッドホンを選ぶのって難しいんだなと思いました。
1000円ぐらいの安いやつは一律チープな音がするのでわかりやすいのですが(笑)。

ソニーはヘッドホンというイメージが個人的に無く候補から外していたのですが、試しに聞いてみたところすごくいいので驚きました。
特に MDR-XB41EX は重低音が売りなのに、高音の立ち上がりが意外とシャキっとしていて、でもシャカシャカいう感じじゃなくてコストパフォーマンスが非常に高いと思いました。

もう一つデノンも、昔カセットテープがチープだった記憶から避けていた(笑)のですが、これまた非常に良かったので驚きました。
ソニーと比べて中音域がやや小さい落ち着いた印象です。

最終的に、
ソニーの MDR-XB41EX VS デノン の AH-C360 という対決に。
YESのRoundabout だとどちらもいい感じなのですが、RIOTのThundersteel だと MDR-XB41EX は聴いていて疲れる感じがしました。

そんなわけで、デノン の AH-C360 に決めました。
ボーカル重視だったら ソニーの MDR-XB41EX にしていたかもしれません。


今回気付いたことは、
チープな音で満足できれば安く済む、ということでした。予算オーバーです・・・。

|

« マウス新調 | トップページ | Ubuntu11.04へアップグレードする »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54336/51609913

この記事へのトラックバック一覧です: MP3プレーヤー用のヘッドホンを買いに行く:

« マウス新調 | トップページ | Ubuntu11.04へアップグレードする »