« 2012年4月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年5月

2012/05/14

Ubuntu12.04 で プレステエミュを使う

Ubuntu12.04 のソフトウェアセンターを眺めていたら、 PCSX が有るではないですか!
Ubuntu7.10のころにインストールしたのですが、あるときアップデート時にパッケージごと削除されてしまったのでした。

やったー!と思って、復活をmixiのコミュで報告したら、11.10から復活してたよと突っ込まれました。
前バージョンでは気付いていなかったのでした。(汗)

インストールは簡単で、ソフトウェアセンターから PCSX を検索してインストールするだけです。
以前はプラグインとか自分でリンクを張らないといけないとか面倒だったのですが、ソフトウェアセンターからインストールするだけで即使えます。
グランツーリスモ1を動かしてみたところ、車選択の音が相変わらず変ですが、ゲームは普通に遊べました。
Pcsx_2

メモリーカードが使えないのは、PCSXの特徴と言うか、今のバージョンでも使用できません。
Ctrl+1~5 でステートセーブ、Alt+1~5 でステートロードが使えるので、いちおう保存はできます。
BIOSを設定すればメモリカード(のファイル)にセーブできるのですが、返って安定しなくなることもあり微妙です。
コントローラは、ジョイスティックも使えます。

GUIがUnityだと、メニューがアプリ上に出ないので細かい設定ができないのかな?と錯覚しますが、きちんと画面の一番上に出てたりします。

BIOS不要でプレステエミュがインストールして即使えるのは魅力です。
グランツーリスモなんか中古で100円とかで売ってるので、遊び倒せます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/05

Ubuntu12.04インストール

Ubuntuは毎年4月末と10月末にリリースされ、日本語RimixCDが次の月の初めに出るので、Ubuntuのアップデートはゴールデンウィークの恒例行事になっています。
そして4月末に12.04がリリースされ、日本語RimixCDも4日に出ました。

今回から、インストーラでPAE未対応CPUをサポートしなくなってしまいました。
UbuntuをインストールするようなスペックのCPUのほとんどはサポートされているからあまり問題にはならないのだけど、なぜかPentiumMには無くて、この時代のノートPCが軒並み影響を受けると思われます。
私の愛機 libretto U100 も、もろに影響受けまくりです。
アップグレードはできるそうなんで、とりあえず今回はセーフでしたが、クリーンインストールの道が無くなるので、今のバージョンのサポートが切れるまでアップデートせずに使おうかなと思いました。
いっそのことまた Vine Linux に戻そうかなとも考えています。

ちなみに、ネットでは 「PentiumMのようなPAE未対応の古いPC」 とか説明されていてショック・・・。
Pentium3以降はまだまだ現役で使えると思ってます。
ウチのVine6なんてPentium3(1GHz)でGUIバリバリで動いているもんね。
WebサーバもPentium3(700MHz)だもんね。

さて、アップデートしてみました。

環境 libretto U100(ノートPC PentiumM 733、Intel 855GME)
11.10→12.04 のアップデート
基本的に問題なくいけましたが、アップデート後、アップデートマネージャーでの更新で Thunderbird に依存関係エラーが出ました。
sudo apt-get -f install
でもエラーが出たのですが、debファイルからgzipで伸張できないとのことだったので、
/var/cache/apt/archives から問題のdebファイルを削除して
sudo apt-get -f install したら正常にアップデートできるようになりました。

玄箱(古いNAS)に繋げなくなりましたが、フォーラム見て解決しました。
11.10->12.04 LTSアップグレード後にNASに接続できなくなった


別環境で、クリーンインストールもしました。
環境
CPU AMD Phenom II X6 1055T
チップセット AMD 890FX+SB850
グラフィック RADEON HD 5770

USB3.0の外付けハードディスクへインストールしたUbuntu11.10をお手軽に起動する
の環境で、
/boot が USB2.0 のSDカードリーダー、
/ が USB3.0の外付けハードディスク
という構成です。

こっちは日本語RimixCDからクリーンインストール。

インストール時に、11.10を削除して12.04をインストール、というような選択ができたので選んだら、/bootも USB3.0の外付けハードディスクへインストールしやがりました。
どうやって起動するねん・・・。

結局、パーティションは手動で設定しました。

インストール後、クラッシュの警告が度々出ましたが、「追加のドライバ」でプロプライエタリドライバ(FGLRX)を入れたら今のところ安定しています。
ちなみに、FGLRX の 「リリースアップデート」という方を入れたらインストール時にエラーになりました。

今のところ問題無さそうですが、いろいろと確認中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年9月 »