« Ubuntu で MuseScore を使う | トップページ | Qtractor を 使えるように設定する »

2014/04/26

Ubuntuで使えるDTMソフトを探してみた

前回記事でUbuntu で MuseScore を使ってみたのですが、さらに踏み込んでDTM環境を作ってみようと思い立ったのでした。
そんなわけで、いくつかソフトをインストールして試してみました。

Linux MultiMedia Studio (LMMS)
LinuxでDTMをやるときの最大の関門が、Jackのことを知っていないとそもそも音が出せない所です。
しかし、LMMSはインストール直後に既に音が出る状態になっているため、簡単にDTM環境が作れます。
サンプルが沢山入っており、このサンプルがまためちゃめちゃカッコイイので、これを聞くだけでも楽しめます。
MIDIエディタも直感的に使えて使いやすいです。
欠点は、MIDIのインポートがあるのにMIDIのエクスポートが無い所。
これができればイチオシなんだけどなあ。

Lmms


Rosegarden
現状のLinuxのオーディオ/MIDIシーケンサーといえばRosegardenが有名のようですが、
Jackを使用するので、とにかく音を出せるように設定するまでが大変。
エディタ関係もいまいち直感的に使えず、自分的には合わないなあと思いました。
楽譜出力機能もあり、かなり高機能です。

Rosegarden


Qtractor
これもJackを使用するので、音を出せるようにするまでが大変です。
過去にインストールしたことがあり、その時はJackの設定の面倒さに挫折したことがあるのですが、機能的にシンプルなオーディオ/MIDIシーケンサーということで、再挑戦してみました。
と言っても、これでシンプルかい!というぐらい機能豊富で、もっと簡単なMIDIシーケンサーが無いのか!?と思います。
Jackの設定さえクリアすれば割と直感的に使え、使いやすいです。
ただ新しいソフトなのか、ネットでの情報が少ないです。

Qtractor


|

« Ubuntu で MuseScore を使う | トップページ | Qtractor を 使えるように設定する »

Ubuntu」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54336/59532458

この記事へのトラックバック一覧です: Ubuntuで使えるDTMソフトを探してみた:

« Ubuntu で MuseScore を使う | トップページ | Qtractor を 使えるように設定する »