« 玄箱HGにext3フォーマットの外付けハードディスクを接続してハマる | トップページ | ゼビウスちっくなゲーム、XBat を ジョイスティック対応させる »

2014/09/15

eclipseでヒープサイズを増やそうとするとたいていハマる

今の仕事は、eclipseを使ってJavaでガリガリコードを書いていくお仕事です。
当初、年齢的に中堅なので管理作業中心にやってくれ、と言う話しだったのに、結局Javaの技術者不足からむっちゃ実装担当になっております。

かなり巨大なシステムなので、コンパイルやJUnitを通すのが一苦労。
メモリ不足なのが一目瞭然なので、よく後輩がネット記事を参考にヒープサイズを増やしてハマってます。
そんなわけで、備忘録です。

何にハマるかというと、exlipse で漢字変換できなくなるのです。
漢字変換できなくなるのが、ヒープサイズを増やしたせいだとは全く気づかないので、けっこうハマります。
後輩の一人は、コメントを書く際にメモ帳で書いてからコピーしていたそうです。生産性わるぅ!

これ、ネットで検索している人はたくさんいるのに、解決方が見つかりません。
普通にeclipseを使っている限り発生しないからなあ。

で、解決法ですが、ただ単に、ヒープサイズを増やすためにした exlipse.ini の変更を元に戻すだけです。
これで直るのですが、ヒープサイズも元に戻ってしまいます。
そんなわけで、戻すのは -Xms の方。 環境によって変わるみたいなのですが、40m とかけっこう小さいと思います。
-Xmx はエラーが出ない所まで大きくてOKです。

ネットでは、
-Xms1024m
-Xmx1024m
みたいな設定を推奨しているところがけっこうあり、これをするとコンパイルはサクサクですがIMEが死にます。(笑)
全ての環境で起こるかは不明ですが、ヒープサイズを変更してなんらかの不具合が出たら、ヒープサイズ変更を疑ってみる、ということですね。

|

« 玄箱HGにext3フォーマットの外付けハードディスクを接続してハマる | トップページ | ゼビウスちっくなゲーム、XBat を ジョイスティック対応させる »

Eclipse」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54336/60316205

この記事へのトラックバック一覧です: eclipseでヒープサイズを増やそうとするとたいていハマる:

« 玄箱HGにext3フォーマットの外付けハードディスクを接続してハマる | トップページ | ゼビウスちっくなゲーム、XBat を ジョイスティック対応させる »