« RadeonHD6350 にハマる。 | トップページ

2016/12/23

PlayOnLinux 4.2.10 で wine のバージョンを変更する方法

嫁が子供にキーボードの練習をさせようと思いたち、ソースネクストの 特打ヒーローズ 名探偵コナン を買ってきました。
前回でせっかく子供用PCを作ったので、こっちにwineで入らないかな?と思い、試してみることにしました。

ちょっと調べてみると、PlayOnLinux を使えば、wine のバージョンがいろいろ変えられたりとか、環境をソフトごとに設定できるとか、何かとメリットがありそうです。
そんなわけで、UbuntuMATEの Software Boutique から PlayOnLinux をインストールしました。
バージョンは 4.2.10 でした。

wineのバージョンってどうやって変えるのかな?と思い調べてみましたが、複数バージョンのwineのインストールはできるのですが、それを設定する方法が見つかりません。
「設定」のリンクを押しても、何も起こらないし。

ネットで調べると、最近の PlayOnLinux はバグがあるようで、アプリケーションごとの設定画面が開かなくなっているそうなんです。
昔のバージョンからアップデートしている場合には使えるそうなので、古いPlayOnLinuxをインストールしてアプリインストール後にPlayOnLinuxを最新版にするとたしかにできましたが、依存関係がむっちゃ大変で決しておすすめしません。
しかも、このへんの設定は~/.PlayOnLinux に持っているようで、ここを削除するとやっぱり設定画面が出てこなくなります。

で、ふと、wine のバージョンを変える前と変えたあとで何が変わるのか確認してみたら、 ~/.PlayOnLinux/wineprefix/バーチャルドライブのディレクトリ 内にある playonlinux.cfg に、
VERSION=2.0-rc2-staging
みたいな感じで記入されていました。

そこで、アプリごとの設定が開かない PlayOnLinux 4.2.10 の バーチャルドライブ内の playonlinux.cfg に
VERSION=2.0-rc2-staging
って記入すると、wine のバージョンが 2.0-rc2-staging で動きました。
指定するバージョンは、あらかじめ「ツール」→「wineのバージョンを管理」でインストールしたバージョン名です。

これで、いろんなバージョンのwineを利用できます!
PlayOnLinuxで動作が不安定になったので再インストールしたいってな状況になったら、とりあえず ~/.PlayOnLinux をバッサリ削除すると、環境をきれいに再構築できます。

肝心の 特打ヒーローズ 名探偵コナン ですが、動くことは動きました。
でも、なぜか濁音に反応せず静音を入力するとOKなんです。「がぎぐげご」を「かきくけこ」って入力するとOKなんです。なぜに?
50音の練習には使えますが、ゲームとしては使えないなあ。濁音を静音に脳内変換しなくちゃいけないし。
そもそも、どういうロジックを書けばこんな動きになるのか?ソースネクスト?

仕方が無いので、他のWindowsアプリを入れようと思い、PlayStation の最強エミュレータと名高い XEBRA をインストールしてみた所、こちらはなんの不具合もなくばっちり動きました。

|

« RadeonHD6350 にハマる。 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54336/64665398

この記事へのトラックバック一覧です: PlayOnLinux 4.2.10 で wine のバージョンを変更する方法:

« RadeonHD6350 にハマる。 | トップページ