« Ubuntu16.04 で ePSXe を動かす | トップページ | PlayOnLinux 4.2.10 で wine のバージョンを変更する方法 »

2016/12/23

RadeonHD6350 にハマる。

嫁の弟が使っていた ThinkCentre A57 Small Desktop をもらいました。
OSがWindowsXPなんで、処分するけどいる?って話だったので、ふたつ返事で引き取りました。
だって、CPUが Core2Duo E7300 っすよ! 処分だなんて、まだまだ現役ですよ!

子供用PCのCPUが AthlonXP2500+ と、Flashすらまともに動かないマシンだったので、
こいつで子供用マシンを作ろうと思いました。
そんなわけで、UbuntuMATE16.10 をインストールしました。
とにかくFlashがまともに動くのが嬉しいです。これで、スクラッチ2.0 が普通に動かせます。

で、インストールは余っていた液晶ディスプレイに繋いで行ったのですが、最終的にはお茶の間のテレビにHDMIで繋ぎたいのだけれど、VGA端子しかありません。
PCのスペックを調べると、PCI Express x16 が1本ありました。ロープロファイルって所だけ気をつければたいがいのものがささるなあ。

使えそうなグラフィックカードをヤフオクで探した所、RadeonHD6350 ってなカードが1円から出てました。
DVI端子っぽいのもあるし、これなら変換して使えそう。
1円ってのが気になるけどRadeonを冠しているからにはそれなりの品質はあるだろうし。
ウィキペディアにはこの型番が載っていないんだけど、RadeonHD6XXXシリーズなのには間違いない。
LinuxのRadeonドライバではきちんと対応してるようだし、これ以上何を疑えと言うのか。
1000円ぐらいまでなら落札しようと思っていたら、1円のまま落札!グラボが1円ですか!
送料は700円ほどかかるんだけど、それでも破格な値段だなあ。

さて、グラボが無事送られてきて、マシンにセット、HDMI・DVI変換ケーブルに繋ごうと思ったら、なんかつながらない。そんなはずはないんだが。
よーく見てみると、なんかコネクタがDVIとは部妙に違う・・・。
ネットで調べると、どうやら DMS-59 って言う特殊ポートっぽい。やっと1円の意味が理解できました・・・・。

よくよく調べると、RadeonHD6350 ってのは一般には販売されていなくってメーカー製PCに積まれていたグラボらしく、DMS-59ではVGA、DVI双方の信号がディスプレイ2台分出ているんだけど、ディスプレイに挿すためには変換ケーブルが必要とのことでした。

変換ケーブルがあればなんとかなるらしい。
グラボ1円だったのに変換ケーブルを1000円ほどで手に入れるはめになりました。
ま、それぐらいの出費で済んで良かったというべきか。

P1060958
無事、テレビにPCをつなぐことができました。
これでお茶の間でスクラッチ2.0を動かせる。

|

« Ubuntu16.04 で ePSXe を動かす | トップページ | PlayOnLinux 4.2.10 で wine のバージョンを変更する方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54336/64663692

この記事へのトラックバック一覧です: RadeonHD6350 にハマる。:

« Ubuntu16.04 で ePSXe を動かす | トップページ | PlayOnLinux 4.2.10 で wine のバージョンを変更する方法 »