« 2017年12月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年3月

2018/03/21

openMSX でテープの読み込み速度を早くする

openMSX の設定関連でもう一つ。

openMSXは、テープイメージの読み込みにも対応していて、テープのソフトも動かせます。
ただし、テープの読み込みまで実機を再現しているため、むっちゃ遅い。
それでも読み込み時の音を聞くと倍速の2400ボーでやっているっぽいけど。

これもマニュアルに早く読み込むための設定が載っています。
openMSX Console Command Reference の fullspeedwhenloading です。

openMSX起動中にF10キーを押してコンソールを開き、
set fullspeedwhenloading on
とすれば一瞬で読み込むようになります。

set fullspeedwhenloading off
で元に戻せます。

これで、TAPE版 RELICS クリアも夢ではない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

openMSX でジョイスティックの割り当てを変更する

MSXエミュレーターのopenMSXは、バージョンが上がるごとにどんどん機能が強化されて、かつて最強MSXエミュレーターと言われていたblueMSXを凌駕する機能になっております。

しかしながら、日本語のマニュアルが無くて設定方法が難しい所が玉に瑕。
いろいろな設定ができるにもかかわらず、設定するにはコンソールを開いてコマンドを入力する必要があります。
openMSXカタパルトの機能がもっと充実して、いろんな設定をGUIでできるようになればいいのになあ・・・。

で、一般的なエミュレータには普通あるのにopenMSXカタパルトにはない設定が、ジョイスティックのボタン割り当て設定。
この辺に関する日本語の説明って、どこにも無いんだよなあ。
ま、PCにゲームパッドを差せば認識して遊べるから大丈夫なんだけど。
openMSXカタパルト の「Misc Controls」でジョイスティックポートに何を接続するか選択できるので、そこにjoystick1を選択すれば、ゲームパッドが使えます。

でも、最近のゲームパッドってアナログスティックが付いており、それがジョイスティックの上下左右に割当たってしまいます。
この割り当てを十字ボタンに変えたいのだけれど、openMSXカタパルトでは設定できない、という具合です。


設定の仕方は、 openMSX Console Command ReferenceSettings の joystick_configにコマンドが載っています。
ちなみに、コマンドを入力するコンソールは、openMSX起動中に F10キー で開きます。

set joystick1_config
と入力すると、現在の設定が表示されます。
デフォルトは、
LEFT -axis0 RIGHT +axis0 UP -axis1 DOWN +axis1 A {button0 button2} B {button1 button3}
となっています。

これに、
dict set joystick1_config LEFT L_hat0
とすれば、左入力に十字ボタンの左が割当たりますが、元の設定を上書きするので、
マニュアルに記載されている通りに
dict lappend joystick1_config LEFT L_hat0
dict lappend joystick1_config RIGHT R_hat0
dict lappend joystick1_config UP U_hat0
dict lappend joystick1_config DOWN D_hat0
とすると、既存の設定に追加してくれます。アナログスティック、十字キー、どちらも使用可能、という状態になります。

この設定は、設定ファイルに保存できます。(デフォルトでは、openMSX終了時に保存する設定になっている。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年5月 »