ゲーム

2016/07/03

Ubuntu16.04 で ePSXe を動かす

UbuntuではゲームカテゴリのパッケージでPCSXをインストールできますが、動かないソフトがそこそこあったり、メモリーカード周りの動作が安定しなかったり、というのがあります。
ePSXe 2.0.5 がリリースされたので、Ubuntuで動かないか試してみました。
ちなみに、PSの SCPH1001 BIOSが必要です。

試した環境は以下です。
Ubuntu MATE 16.04 64bit

Lubuntu 16.04 32bit

ePSXeのページ から ePSXe v2.0.5 Linux または ePSXe v2.0.5 Linux x64 をダウンロードして、適当な所で解凍します。
ePSXeの実行ファイルに実行権限を付けます。

端末から、この実行ファイルを起動させると、落ちた時に原因が判ります。
起動させると、
./epsxe: error while loading shared libraries: libSDL_ttf-2.0.so.0: cannot open shared object file: No such file or directory
と出て落ちます。

libSDL_ttf-2.0.so が無いようなので、Synaptic などから パッケージ libsdl-ttf2.0-0 をインストールします。

これで起動するようになります。

ePSXe と言えば、プラグインの調達が必要な所が難易度を上げているのですが、これにはデフォルトのプラグインがすでに入っていて、追加のプラグイン不要で動かせます。

config→BIOS でBIOSファイルを選択してから起動させると、ゲームが動きます。

Screenshot_20160703_141415

あーそれにしてもPSのグランツーリスモは一生遊べると思っているぐらい好きです。
100円でここまで遊び倒せるソフトが簡単に手に入るのがPSのいい所です。

Lubuntu 16.04 32bit の環境って CPUが AthronXP2500+ という今から10年以上前のPCなんだけど、グランツーリスモ1が普通に遊べるぐらいの再現度で動きます。
グラフィックよりもサウンド周りで重くなることがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/21

jstest-gtk の 設定を保存する

Ubuntuでジョイパッドを使う場合、jstest-gtk をインストールすると、画面からボタンの割り当てを変更できるので便利です。
しかし、現在保存したプロファイルの読み込みができないようで、設定が保存できません。
PC起動時に設定が戻ってしまうので、毎回設定しなおさないといけません。

この辺の問題を検索しても、これまた日本語の情報が出てきません。
日本人のLinuxユーザーはゲームをやらないのだろうか????

海外の askubuntu.com に解決方法がありました。

$ sudo jscal-store /dev/input/js0

とコマンドを実行すると、 /var/lib/joystick/joystick.state に ジョイパッドの設定が保存されます。
(js0 は環境によって異なりますが、jstest-gtk で表示されているので判ります。)

これで、ジョイパッドのボタンの割り当てが変更された状態で起動します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/11/23

Linux版 Nestopia で 巻き戻しする方法

Ubuntuでは、ファミコンエミュレータの Nestopia を Ubuntuソフトウェアセンターから簡単にインストールできます。

Nestopia のすごい所は、エミュレーションの再現度の高さは言うまでもなく、ゲームの巻き戻しができることです。
敵にやられてもやられる前に巻きもどして再実行できるため、ステートセーブよりも使いやすく難しいゲームの攻略ができます。

Windows版は、巻き戻しキーを押している間だけ巻き戻すのですが、Linux版は巻き戻しキーを押すと、巻き戻しストップキーを押すまで巻き戻しを続けます。

ところが・・・。
README.unix を読むと

Backspace = Rewind
\ = Stop Rewinding

と書かれているのに、「\」キーが効かないのです。
これではせっかくの巻き戻し機能が使えません。
ネットで調べても、情報なしでした。キーボードの問題なので、海外の情報は無いだろうし・・・。

仕方なく、キーボードのキーを1つずつ押して確認すると、日本語キーボードでは「](む)」キーに割りあたっていることが判りました。
これで巻き戻し機能が使えます!
Windows版みたいに巻き戻しキーをジョイパッドに割り当てられればBestなのですが、それは無理のようでした。

もうひとつ留意点。Nestopiaはエミュレータ内に連射機能を持っているのですが、これがジョイパッドといまいち相性が悪く連射できませんでした。
キーボードの「X」「S」キーでは正常に連射できるので、ジョイパッドの十字キーで操作しつつキーボードの「X」キーで連射すれば、スターフォースもなんとかなります。
当時はジョイボールの連射キーを押しながら十字キーで操作したものだからなあ・・・。

これさえあれば、アクションゲームがむっちゃヘタレな私でもスーパーマリオを全クリできます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/24

Ubuntu13.10(64bit) で Kega Fusion を使用する

以前の記事でLinux で Kega Fusion を使うを書いたように、Linuxでも簡単にメガドライブエミュレータのKega Fusion が使えます。

そんなわけで、Ubuntu13.10(64bit版)で Kega Fusion を使ってみました。

Kega Fusion のページからKega Fusion 3.63x (Linux) をダウンロードして、自分のhomeディレクトリなんかに適当なディレクトリを作って、実行ファイルをダブルクリックで動く・・・わけないか。
32bit用のアプリケーションがそのまま64bitで動くとは思ってないですって。
端末から起動しても、うんともすんとも言いません。

しかーし!Ubuntuにはia32-libsという、とりあえずこれ入れとけば32bitアプリが動きまっせという強力なパッケージがあるので楽勝!・・・ない!なんで Ubuntu13.10 には無いのだ!

というわけで、また苦労するハメになりました。
ネットでも、ia32-libsで検索すると無くて困っている人の質問をよく見かけました。
で、その回答というのが、必要な32bit用モジュールを自分でインストールする、という突き放したものです。
自分で入れるのかよ!
そんな中でも、これ入れとけばいいよ!みたいな回答もあり、とりあえず良く解らないのでそれを入れておこうと思いました。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install libgtk2.0-0:i386 libpangox-1.0-0:i386 libpangoxft-1.0-0:i386 libidn11:i386 gstreamer0.10-pulseaudio:i386 gstreamer0.10-plugins-base:i386 gstreamer0.10-plugins-good:i386 gstreamer0.10-ffmpeg:i386

で、Kega Fusionをダブルクリック・・・・動かない。
端末から、.$ ./Fusion として 起動すると、
./Fusion: error while loading shared libraries: libSM.so.6: cannot open shared object file: No such file or directory
と出てきました。ちょっと前進。
libSM.so.6 が無いらしい。

Synapticパッケージマネージャで調べてみたら、インストールされてます。
でも64bit用のようで、見た感じ32bit用が見つからない。
しかたが無いのでネットで調べたら、
$ sudo apt-get install libsm6:i386
で入れている人がいたので真似したら、入りました。
Synapticに表示されないのに普通にインストールできるんかい!

で、Kega Fusionをダブルクリックしたら、動きました!
とりあえず、武者アレスタを起動して動作確認。
ありゃ?音が出ない・・・。

再度端末から起動してみると、いくつかエラーっぽいのが出ていて、その中に
Cannot open shared library libasound_module_conf_pulse.so
ってのがありました。
他のエラーはGTK関連ぽいのですが、画面表示されているからほっとくとして、音出ないのはこいつが原因だろうということで、Synapticで探しましたが見つかりません。
これもネットで調べたら
sudo apt-get install libasound2-plugins:i386
で入るということなので、真似したら入りました。

今度こそと Kega Fusionをダブルクリックしたら、きちんと動きました!
武者アレスタ、やっぱ今遊んでも面白いぜ!
でも、Kega Fusion はシルフィードが動いてこそ本物。
MEGA-CDのBIOSの設定をして、Kega Fusion の Option でPerfect Syncにチェックを入れて起動。
やったー!シルフィードが動きました!

何度見てもこのオープニングはかっこ良すぎ!むっちゃ好きです。
これが16bitゲーム機時代のオープニングか!っての。
YouTube貼り付けてますが端が欠けるので、見たい人はリンク先に飛んで見てください。

動画は、RecordMyDesktopでキャプチャしたものです。
が、音声のキャプチャができるようになるまでめちゃめちゃ苦労して、こっちの設定のほうが時間が掛かりました。
自分でもなんで音声がキャプチャできるようになったのかよく解りません。
ほんと、Linuxの音声関連は複雑すぎて何がなんだかよく解っていません。
Ubuntu日本語フォーラムの書き込みとか参考にしました。
PulseAudio 音量調節 をインストールして、何度も設定しなおしました。何度かPulseAudioが落ちましたが。coldsweats01
ただ、 $ aplay -L としたら、
default
Playback/recording through the PulseAudio sound server
と出るので、
RecordMyDesktopの設定>音声>デバイス欄に、default って記載しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/14

Ubuntu12.04 で プレステエミュを使う

Ubuntu12.04 のソフトウェアセンターを眺めていたら、 PCSX が有るではないですか!
Ubuntu7.10のころにインストールしたのですが、あるときアップデート時にパッケージごと削除されてしまったのでした。

やったー!と思って、復活をmixiのコミュで報告したら、11.10から復活してたよと突っ込まれました。
前バージョンでは気付いていなかったのでした。(汗)

インストールは簡単で、ソフトウェアセンターから PCSX を検索してインストールするだけです。
以前はプラグインとか自分でリンクを張らないといけないとか面倒だったのですが、ソフトウェアセンターからインストールするだけで即使えます。
グランツーリスモ1を動かしてみたところ、車選択の音が相変わらず変ですが、ゲームは普通に遊べました。
Pcsx_2

メモリーカードが使えないのは、PCSXの特徴と言うか、今のバージョンでも使用できません。
Ctrl+1~5 でステートセーブ、Alt+1~5 でステートロードが使えるので、いちおう保存はできます。
BIOSを設定すればメモリカード(のファイル)にセーブできるのですが、返って安定しなくなることもあり微妙です。
コントローラは、ジョイスティックも使えます。

GUIがUnityだと、メニューがアプリ上に出ないので細かい設定ができないのかな?と錯覚しますが、きちんと画面の一番上に出てたりします。

BIOS不要でプレステエミュがインストールして即使えるのは魅力です。
グランツーリスモなんか中古で100円とかで売ってるので、遊び倒せます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/31

Linux で Kega Fusion を使う

お気に入りのメガドライブエミュレータの KEGA Fusion が3.63にバージョンアップしていました。
Windowsでは有名なエミュレータですが、なんと3.62以降、Linux版、Mac版まで作ってくれています。
Linux版の出来が大変良かったので記事にしてみました。Linuxでセガエミュレータを使いたい人には朗報です。

まず、VineLinux5にインストールしてみました。
RPMとかはなく、tar.gzだけです。でも解凍するとバイナリファイル1個だけなのでインストールは簡単です。
ユーザーのhomeにでも解凍してダブルクリックすると、Windows版同様に使えます。
VineでSelfBuildで提供してくれているGENSやDGENより軽くて良く出来ています。
Pentium3の1Ghz、グラフィックが Matrox MillenniumG450 な環境で快適に動きました。(GENSだとメガドラのゲームでガクガク。)

Kega Fusion自体の設定も簡単で、
Options の
Perfect Sync にチェックを入れる。(シルフィードが動くようになる)
Use Alternate Timing もチェック
Sleep While Waiting もチェック(CPU使用率が下がる)
ぐらいです。
ジョイスティックも普通に使えます。(ボタンの設定は必要ですが。)

ただし、メガドライブはBIOS無しで動きますが、メガCDや32XはBIOS必須です。
シルフィードが問題なく動くのには感動しました。
(画面はUbuntuでのスクリーンショットです。)
Silpheed


次に、ノートPCのUbuntu9.10にインストールしてみました。
動作に問題無し。バーチゃレーシング(メガドラ版)もこの通り。
Virtuaracing
PentiumM733(1.10Ghz)&オンボードグラフィック(855GME)ってなスペックでもCPU使用率9割ぐらいで動きます。

ただ、パッケージでは無いので当然のことながらメニューには登録されません。
そこで自力でメニューに登録しました。
メニュー(「アプリケーション」と書いてある所)を右クリック、「メニューの編集」を選択すると、メニューを追加できます。
昔のGNOMEはメニューの編集が大変だったけれども、今は簡単にできます。

メニューに表示するアイコンが必要ですが、Kega Fusion には付いてきません。Windows版だとKマークなんですけどね。
そこで、ネットでメガドライブのアイコンを探した所、作っている方っていらっしゃるのですね。
アイコンの部屋からクールなメガドライブアイコンをダウンロードしてきました。
Screen
こんな感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/25

Ubuntu7.10でプレステエミュを使用する

Ubuntuの好きな所は
オープンソースという枠に捕らわれずに、使いやすさや楽しさを重視した割り切りがある部分です。
他のディストリビューションだとこの辺が使いにくく、無線LANやグラフィックのドライバは自分で探して入れてください、とか、DVDは見れません、みたいなのが多いですが、Ubuntu(特に日本語版)はその辺の割り切りが気持ちいいですね。
使う側の立場で言えば、オープンだろうがなんだろうが、動くことに意味があるので。
そういう所もUbuntuが他のディストリに比べて使い勝手の敷居を低くしている一因だと思います。

前置きはそれぐらいにして、Ubuntuのパッケージを見てるとこんなものをデストリのパッケージにしてしまっていいの?とか笑っちゃうものがあります。
たとえば、GFCE Ultra NES Emulator とか。
これってファミコンのエミュレータですよ?
Linuxのエミュ使いというのは、ソースをビルドしてどうのこうのと何かとスキルが必要なのが常だったのですが、パッケージになっているので、Windowsでインストールするぐらい簡単にインストールできてしまいます。
ただ、ファミコンはROMのイメージをどうやって持ってくるかという最大の難関があるのですけどね。


で、さらにパッケージを眺めていると、PCSX ってのがありました。
こいつは!もしや!?Windowsでも有名なプレイステーション用のエミュレータではございませんか!
プレステエミュだと、手持ちのCD-ROMをイメージにしてしまえばOKなんで簡単です。
プレステエミュの難しい所は、エミュレータ本体以外にコントローラやグラフィックのプラグインを追加する必要があり、ソフトとエミュレータとプラグインとPCの相性が一致しないと動かないのです。
ここはPCSXも同じなのですが、PCSXが他のプレステエミュレータより敷居が低いのは、プレステのBIOSを持っていなくても起動できることです。つまり、PCSXが動くスペックのPCとUbuntuとプレステのCD-ROMがあれば動く可能性がある、ということです。

さて、前提条件として、プレステのソフトのイメージが必要です。
私はWindowsで CD Manipulator を使って作っていますが、Linuxの場合は@ITの記事を参考にするといいかもしれません。mkisofsはSynapticパッケージマネージャからインストールできるようです。

アプリケーション→追加と削除を起動します。
「全ての利用可能なアプリケーション」を選択して PCSX を検索するとすぐ出てきます。
これをインストールすれば、ファイルの配置とか面倒なことを全部やってくれます。
Synapticの方でPCSXを検索した所、インストールしたもの以外に2つのパッケージがありました。
インストールした所、更新履歴と言語ファイルのパッケージのようでした。必要なのかは不明です。
(特にメニューが日本語になる風でもないし・・・。)

アプリケーション→ゲーム に PCSX が追加されているので起動してみますが、まだゲームはできません。
というのも、プラグインが無いからです。
プラグインは自分で探さないといけないのかな?と思いつつ、Synapticのプロパティでインストール先を確認した所、/usr/lib/games/psemu/ ってなディレクトリが作成され、そこにプラグインが格納されているっぽいです。
PCSXはユーザーのホームディレクトリ直下の .pcsx ディレクトリを見に行っているので、ここのプラグインディレクトリにプラグインを置けばいいようです。

アプリケーション→アクセサリ→端末を起動します。
自分のhomeに.pcsxディレクトリがあるので、そこのpluginsディレクトリへ移動
$ cd
$ cd .pcsx/plugins/

/usr/lib/games/psemu/から必要なファイルのリンクを張ります。
$ ln -s /usr/lib/games/psemu/lib/* ./
$ ln -s /usr/lib/games/psemu/config/* ./

これでOK。
PCSXを起動し、Configuration からグラフィック、サウンド、コントローラのプラグインの設定ができるようになっています。
ただプラグインの設定は微妙で、ゲームによっても違ったりするので難しい所です。トライ&エラーを繰り返すしかないです。グラフィックの Use FPS Limit のチェックは必須になると思います。
コントローラは、ジョイスティックも使えます。Ubuntuは、自動でUSBのジョイスティックを認識してました。


ちなみに、今回のスペックですが、毎度の librettoU100 です。
オンボードのグラフィックとPentiumM733 1.1Ghzのスペックで、プレステエミュが動くので驚きです。
コントローラはELECOMのJC-U1608TBKです。

試しに動かしたグランツーリスモでは、オープニングの音と車選択時の音が変だったのですが、ゲーム自体は普通に遊べました。
グランツーリスモの音関係はWindows用のエミュでも設定が難しい所なので、プラグインを変えるとかするとBestな設定が出るかもしれませんが。
Gran_turismo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/05

VineLinux4.1でYSFLIGHT2000を動かしてみる

巷で有名なフリーのフライトシミュレータ、YSFLIGHT2000ですが、前からLinux版があるのは知っていました。
というか、Vector数少ないUNIX用ゲームソフトのひとつなんです。(笑)

ダウンロードはVectorからできます。
また、操作方法などの情報は、作者のページに乗っています。


インストールした環境です。
OS VineLinux4.1
CPU Pentium3 1Ghz
グラフィック Matrox MillenniumG450
ってなスペックです。
今のPCからすれば旧式のスペックですが、快適に動きました。


インストールは、ファイルをダウンロードして適当な所に置いて解凍するだけです。
私は、ユーザーのホームディレクトリ直下に置いています。
ysflight/document ディレクトリにマニュアルがあるので見てみると、インストールディレクトリで
$ ./ysflight
で起動するそうです。
やってみたところ、
./ysflight: error while loading shared libraries: libstdc++.so.6: cannot open shared object file: No such file or directory
というエラーが。ありゃりゃ。

ファイルを検索してみましたが、libstdc++.so.6 というファイルはありません。
libstdc++.so.5 ならあるんですけど・・・・。
ネットで調べてみると、libstdc++34 というパッケージに含まれているそうなので、Synapticを使ってインストールしました。
で、もう一度実行してみると、見事に起動しました!
やった〜。
思ったより簡単で、拍子抜けしました。

でも、マウスで動かすのが難しい・・・。慣れの問題なのだろうけど・・・。

ジョイスティックは使えないのかなと思い、Linuxでジョイスティックを使う方法を調べたら、ここに載っていました。
Linux でゲームパッドを使う
ここでは murasaki にUSBを認識させる正攻法が載っています。
私は面倒なんで、rootから直接モジュールを読み込ませました。(おいおい・・・)
# modprobe joydev
$ lsmod | grep joydev
で、joydevが表示されれば読み込めています。

YSFLIGHT2000を起動したところ、ジョイスティックが使えました!
すげ〜。
ちなみに使ったジョイスティックは、GAMETECHのPCツナイデントUSB1・2・3というやつです。
これにドリキャスのコントローラをつないで動かした所、アナログスティックも問題なく使えました。

でも、ドリキャスコントローラで標準設定だと、ラダーがアナログR、推力がアナログLに割り当たってしまいます。
推力はいいとして、ラダーを真ん中にするにはアナログRを真ん中で止めておかなくてはいけなくて、そんなのできるか!って感じです。
理想としては、推力を他のボタンで上下し、ラダーをアナログL、Rでできればいいのですが、アナログキーでは1つにしか割り当てできませんでした。
そこで、デジタルのL、Rにラダーを割り当てました。
ラダーを使うときは、L、Rを連打する必要があり若干使いにくいのですが、基本的にエルロン使えれば曲がれるし、ラダーは着陸の時しか使わないだろう、ということで、なんとか操縦できています。

ちなみにLinux版だと、コントローラの設定をするには手で設定ファイルを書き換えることになります。
ここが面倒なんだけど、Windows版と設定ファイルのフォーマットが同じなんで、Windows版で設定してLinux版に持ってくれば簡単です。

じゃあ最初からWindows版を使えばいいじゃん!とお思いのあなた、それだったらそもそもLinuxを触っていませんって。
Linuxで動かしてこそ意味があるのだ!
Ysflight2000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/19

ロードモナークを遊んでみる

私がロードモナークを知ったのは、メガドライブ版のロードモナークを遊んでからです。
どんなゲームか全然知らずに、雑誌のレビュー記事だけを頼りに買ったのですが、これが大当たりでした。
メガドラの中で最も好きなゲームの1つです。

で、パソコンを始めた時に、ファルコムのページから無料でロードモナークをダウンロードできるのは知っていましたが、Windows95版だということで、ダウンロードを躊躇していました。(私のOSが2000なもので)
今月のPC-JAPANを見たところ、WindowsXPでも正常動作するとの情報が!
XPでうごくなら2000でも動くかもしれないと思い、ダウンロードしました。
起動したところ、ちゃんと普通に遊べました。

しばらく遊んだのですが問題発生!!
なんとデータのセーブができないのです。
「セーブに失敗しました」と出るのです。

フリー版だから制限があるのかな?とも思ったのですが、ファルコムのページに「制限一切無し」と書いてあったのでどうもしっくり来ない。
ネットでいろいろ調べた所、どうやらsaveフォルダが必要らしい。
DS7J_WIN.EXEがある同じフォルダに、saveフォルダを作るとうまくいくらしい。

試したところ、ちゃんとセーブできました!
やっぱ、ロードモナークは面白いです!
これをフリーで遊べるとは!ファルコム太っ腹!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)