Skype

2011/04/26

Windows2000でSkypeをアップデートしてハマる

私んちでは、お茶の間の地デジテレビに旧メインマシン(Windows2000)を繋いでいて、子供にYouTubeを見せたり実家とSkypeでテレビ電話したりするのに使っています。

この前、子供とYouTubeを見ていたらSkypeのアップデートがあったので、特に何も考えずにアップデートしました。
で、先日実家とSkypeやろうと思ったら、
「Failed to get proc address for SetDllDirectoryW (kernel32.dll)」
ってエラーが出て動きません。
がーん・・・。

ネットで検索すると、アップデートしたとたんに同じエラーが出て動かなくなったーという情報多数。
これだけ同じ症状が出ると、情報が多くて探しやすいです。
対処法もいろいろと載っていますが、やはり解りやすいのがここです。
黒翼猫のコンピュータ日記 2nd Edition の Skype 5.1にアップデートしたら、Win2000で起動できない件

ここでは、問題の根本原因と対処法が載っているので解りやすいです。
どうやらWindows2000のカーネルに入っていない関数を使用しているっぽい。
近頃は、Windows2000で困ったことがあったらとりあえず 黒翼猫のコンピュータ日記 2nd Edition を見るクセが付いてしまいました。

結局私は古いバージョンへ戻しました。(古いバージョンを普通にインストールすればOK。)
いいよ。別に古くても・・・。

Skypeで文字化けする件といい、Skypeのいい加減さにはあきれますな・・・。
なんか海外のメーカーってこういういい加減な所多いなあ。
AdobeとかAdobeとかAdobeとか・・・。(今でもAdobe Readerをアップデートすると、pdfを起動するアプリケーションを勝手に書き換えてくれます。確認ぐらいしろよ。おい!)
著名なフリーソフトの方が、よっぽどこういう所に気を使っているよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/02

UbuntuでSkype計画 リベンジ

前回、Webカメラが対応していなくて挫折した、UbuntuでのSkype計画。
だがしかし!挫折したまま終るような私ではない!

・・・というか、ここしばらくず~っと物欲しげにYahoo!オークションを眺める日々が続いておりました。
UVC規格のWebカメラなら問題なく使えるはずなのだけど、UVC規格自体が新しい規格なので、当然それに対応しているWebカメラは最近の機種が多くて、お手ごろ価格では出品されません。

そんな時、1円スタートのELECOM UCAM-DLQ30HWH を発見!しかも新品。
マジッすか?
価格COMで見ても2000円は下回らない品です。
誰も入札していないので、早速1円で入札!

そんなこんなで締切日に近付いたのですが、ELECOM UCAM-DLQ30HWH が1円で手に入るほど世の中甘くありません。
案の定ライバルが価格吊り上げ攻撃をしてきました。
オレのUCAM-DLQ30HWHに触るな!外道ども!

だいたい世の中Mac用のWebカメラってのは数が少なく、Mac対応を謳っているこのWebカメラをみんな放っておくわけない。
Macユーザーが来ればやっかいなことになるな、と思ってました。
ちなみに、当然ですがLinux対応は謳ってません。coldsweats01

値段はどんどん釣りあがり、オレが限界と思っていた1000円を突破しました。
・・・もういいよ。これ以上は出せないよ。
と思った矢先、嫁が「負けでいいの?」と言った言葉にカチンと来て、1500円まで頑張りました。
見事落札。
送料付けたら最安店で買うのと変わらん・・・。
これもそれも、Linuxのためだ!安いもんだ!

早速、Skype For Linux のページから Ubuntu版をダウンロードしてインストールし、ELECOM UCAM-DLQ30HWH を繋いだところ、問題なく使えました。
こんなに簡単でいいの?ってぐらい簡単です。
これで、UbuntuでSkype計画は無事完了しました。

唯一の欠点は、普段メインに使っているWindows2000には使えないってことです。
Windows2000が無くなりそうなころに出た規格なんで、そんなのをMicrosoftがサポートしてくれるわけありません。
LinuxだったらOSをアップデートしていけば主要な技術は使えるようになるし、この辺の使い勝手はWindowsには永遠に近づけない領域なんだろうなあ。
ま、メインマシンにWebカメラを繋ぐことはまず無いので問題なしなんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/15

UbuntuでSkype計画挫折

Skype Linux版では今のバージョンでようやくビデオ通話ができるようになりました。
ダウンロードのページから主要ディストリビューション用のバイナリがダウンロードでき、その中にUbuntu版もあります。

そんなわけで、Ubuntu8.04にSkypeを導入しよう!と思いました。

さて、ビデオ通話する為にはWebカメラが要ります。
LinuxとWebカメラに、認識できるWebカメラの情報があります。
最近はUVC規格ができたので、ドライバ不要、とか書いてあるWebカメラなら、Linuxでも使えそうです。
でもUVC規格のカメラって最新機種が多くて、値段も高いです。

ちなみに、我が家にあるWebカメラ、バッファローコクヨサプライのBWC-30MH03は、全くもって認識しませんでした。coldsweats01

そんな時に頼りになるのが、Yahoo!オークション。
Yahoo!オークションで、Logitech Quickcam Express を100円でゲットしました。
送料の方がはるかに高かった!(郵送してもらったけど。)
Windows98SE時代のけっこう有名なWebカメラみたいです。
Linux用のドライバがあるのは確認済みです。


Webカメラが届き次第、Ubuntu8.04にSkypeをインストールし、Webカメラを繋いでみました。
・・・ところが、Webカメラの設定画面で、カメラは認識しているのに画面が表示されません。
いや、表示はされているのだけれどもまともに写っていない状態です。
$ lsmod とか打ち込んでみると、quickcam を読み込んでいます。
ドライバも読み込んでいるのになんで????

試しに、Ubuntuをインストールするとデフォルトで入っている、Ekiga を起動してみました。
最初エラーが出て認識しなかったのですが、プラグインを V4L2からV4Lに変えたところ、きれいに表示できました。
Linuxではドライバもちゃんと認識して使えるということです。

ますます解らなくなって、海外のサイトなんかも調べてみました。
すると、海外のUbuntuのWikiに SkypeWebCams というページがあり、Skypeで使えるWebカメラ一覧を載せてくれていました。
そこに、ななんと!Logitech Quickcam Express が List of Non-Working Webcams という所にしっかり載っているではありませんか!
これって、英語苦手なオレでも「動きません」という意味っぽいのは解ります。
さらに詳しく内容を見ると、「カメラは認識するが、テスト画面では何も写りません。」ということが書いてありました。
まさにこの状態です。
Logitech Quickcam Express II やLogitech Quickcam Express Plus だったら問題なく使えるそうで、もしかしたらこのカメラかもしんない、と思いつつ dmesgでWebカメラのUSBのIDを調べてみましたが、ⅡでもPlusでも無い、Logitech Quickcam Express の「046d:0840」がばっちり表示されていました。

がび~ん、またやっちまった。安物買いの銭失いというやつ。crying


認識しないWebカメラの使い道、どうしようと考えた末、8月号のPC-JAPANに載っていた、USBメモリからSkypeを起動する、というやつの実験に使おう、と思いました。
もちろんWindows版です。

このやり方ですが、
Skypeを普通にインストールしたWindowsPCの C:\Program Files\Skype から Phone フォルダをコピーします。
コピー先は、USBメモリに作成したSkypeフォルダです。
このSkypeフォルダの中にさらにSkypeフォルダを作っておきます。
PC-JAPANでは、相対パス指定のできるランチャのあやめを使っていましたが、ショートカットでもいいので、Phoneフォルダ内のSkype.exeを起動できるようにします。
その時の作業フォルダに、PhoneフォルダがあるSkypeフォルダを指定します。(さらにその中のSkypeフォルダでは無いので注意。)
コマンドラインに「/removable datapath:Skype」と設定すればOK。
後はショートカットやランチャから起動すればSkypeが使えます。

ちなみに、WindowsXPではLogitech Quickcam Express をドライバ不要で認識し、Skypeも問題なく使えたのでした・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)