Ubuntu

2016/07/03

Ubuntu16.04 で ePSXe を動かす

UbuntuではゲームカテゴリのパッケージでPCSXをインストールできますが、動かないソフトがそこそこあったり、メモリーカード周りの動作が安定しなかったり、というのがあります。
ePSXe 2.0.5 がリリースされたので、Ubuntuで動かないか試してみました。
ちなみに、PSの SCPH1001 BIOSが必要です。

試した環境は以下です。
Ubuntu MATE 16.04 64bit

Lubuntu 16.04 32bit

ePSXeのページ から ePSXe v2.0.5 Linux または ePSXe v2.0.5 Linux x64 をダウンロードして、適当な所で解凍します。
ePSXeの実行ファイルに実行権限を付けます。

端末から、この実行ファイルを起動させると、落ちた時に原因が判ります。
起動させると、
./epsxe: error while loading shared libraries: libSDL_ttf-2.0.so.0: cannot open shared object file: No such file or directory
と出て落ちます。

libSDL_ttf-2.0.so が無いようなので、Synaptic などから パッケージ libsdl-ttf2.0-0 をインストールします。

これで起動するようになります。

ePSXe と言えば、プラグインの調達が必要な所が難易度を上げているのですが、これにはデフォルトのプラグインがすでに入っていて、追加のプラグイン不要で動かせます。

config→BIOS でBIOSファイルを選択してから起動させると、ゲームが動きます。

Screenshot_20160703_141415

あーそれにしてもPSのグランツーリスモは一生遊べると思っているぐらい好きです。
100円でここまで遊び倒せるソフトが簡単に手に入るのがPSのいい所です。

Lubuntu 16.04 32bit の環境って CPUが AthronXP2500+ という今から10年以上前のPCなんだけど、グランツーリスモ1が普通に遊べるぐらいの再現度で動きます。
グラフィックよりもサウンド周りで重くなることがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/21

jstest-gtk の 設定を保存する

Ubuntuでジョイパッドを使う場合、jstest-gtk をインストールすると、画面からボタンの割り当てを変更できるので便利です。
しかし、現在保存したプロファイルの読み込みができないようで、設定が保存できません。
PC起動時に設定が戻ってしまうので、毎回設定しなおさないといけません。

この辺の問題を検索しても、これまた日本語の情報が出てきません。
日本人のLinuxユーザーはゲームをやらないのだろうか????

海外の askubuntu.com に解決方法がありました。

$ sudo jscal-store /dev/input/js0

とコマンドを実行すると、 /var/lib/joystick/joystick.state に ジョイパッドの設定が保存されます。
(js0 は環境によって異なりますが、jstest-gtk で表示されているので判ります。)

これで、ジョイパッドのボタンの割り当てが変更された状態で起動します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/11/23

Linux版 Nestopia で 巻き戻しする方法

Ubuntuでは、ファミコンエミュレータの Nestopia を Ubuntuソフトウェアセンターから簡単にインストールできます。

Nestopia のすごい所は、エミュレーションの再現度の高さは言うまでもなく、ゲームの巻き戻しができることです。
敵にやられてもやられる前に巻きもどして再実行できるため、ステートセーブよりも使いやすく難しいゲームの攻略ができます。

Windows版は、巻き戻しキーを押している間だけ巻き戻すのですが、Linux版は巻き戻しキーを押すと、巻き戻しストップキーを押すまで巻き戻しを続けます。

ところが・・・。
README.unix を読むと

Backspace = Rewind
\ = Stop Rewinding

と書かれているのに、「\」キーが効かないのです。
これではせっかくの巻き戻し機能が使えません。
ネットで調べても、情報なしでした。キーボードの問題なので、海外の情報は無いだろうし・・・。

仕方なく、キーボードのキーを1つずつ押して確認すると、日本語キーボードでは「](む)」キーに割りあたっていることが判りました。
これで巻き戻し機能が使えます!
Windows版みたいに巻き戻しキーをジョイパッドに割り当てられればBestなのですが、それは無理のようでした。

もうひとつ留意点。Nestopiaはエミュレータ内に連射機能を持っているのですが、これがジョイパッドといまいち相性が悪く連射できませんでした。
キーボードの「X」「S」キーでは正常に連射できるので、ジョイパッドの十字キーで操作しつつキーボードの「X」キーで連射すれば、スターフォースもなんとかなります。
当時はジョイボールの連射キーを押しながら十字キーで操作したものだからなあ・・・。

これさえあれば、アクションゲームがむっちゃヘタレな私でもスーパーマリオを全クリできます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/29

AMD 970 チップセットでUbuntuが動かずハマる(USB3編)

AMD 970 チップセットでUbuntuが動かずハマる で書いたように、GIGABYTE 970A-D3P マザーボードでは、IOMMUを有効にしないとマウスも動かないしネットも繋がらない、という状態になります。

そんなわけで、BIOSでIOMMUを有効にした状態で、USB3につないだ外付けハードディスクにUbuntuをインストールしようと思いました。
インストールしたのは Ubuntu MATE 15.10 ですが、多分他のUbuntuも同じだと思います。

今まで使っていたマザーボードはUSB3付きだったけどUSB3からの起動ができなくてけっこう苦労したのですが、おニューの GIGABYTE 970A-D3P マザーボードはブート選択時にUSB3の外付けハードディスクを認識しており、楽ちんそうです。

が・・・。
DVDからライブ起動したUbuntuにUSB3の外付けハードディスクを繋いでも認識しません。
syslog に何も出ないのです。
USB2に繋ぐと認識しているので、単純にUSB3を認識していないっぽい。
一瞬、Linuxのカーネルアップデートで退化したかと思ってしまいました。まさかIOMMUのしわざだとは思いもしませんでした。
ほんと、この辺の日本の情報って何もないのですよね。970A-D3P って日本では需要ないのか!?

海外のサイトを検索してみると、IOMMUを有効にしているとVIAのUSB3チップが反応しない、的な情報がありました。
もっと調べると海外のUbuntuフォーラムにズバリな情報がありました。
GA-970A-DS3P revision 1 no usb 3.0
マザーボードがほぼ同じで、こちらもUSB3が認識せずに困っているとのこと。

解決方法は、以下の通りです。

マザーボードのBIOSのIOMMUを有効にしてUbuntuを起動
/etc/default/grub を管理者権限で修正します。
上記ページでは sudo gedit /etc/default/grub となってます。私はviで修正したけど。

GRUB_CMDLINE_LINUX=""
となっている所を
GRUB_CMDLINE_LINUX="iommu=soft"
に修正して保存。

その後、
sudo update-grub
でgrubを更新します。

マザーボードのBIOSのIOMMUを無効にして、起動すると、問題なく起動し、USB3を認識します。

私の場合はUSB3にUbuntuをインストールしたいので、
まず、IOMMUを有効にして外付けハードディスクをUSB2につなぎ、ライブDVDからUbuntuをインストールします。
USB2からUbuntuを起動して、上記設定を行います。
一旦シャットダウンし、USB3につなぎ替えて起動させると、USB3から起動できます。

マザーボードが ASUS M4A89TD PRO/USB3 の時は、ほんと安定していて、Linuxでのトラブルなんてもう無縁な時代なんだ!と思ってましたがどっこい、Ubuntuが起動するまでこんなに苦労するとは思ってもいませんでした。


そういえば余談ですが、今回初めて Ubuntu MATE をインストールしてみたのですが、なんと 15.10 では Ubuntuソフトウェアセンター も Synaptic もデフォルトではインストールされていません。
ネットで Ubuntu MATE の使い方を見ると一律「Ubuntuソフトウェアセンターからインストール」なんて説明を見るので、過去バージョンでは入っていたのではないかと思います。

どうすればいいか判らず、
sudo apt-get install software-center
でUbuntuソフトウェアセンターをコマンドでインストールしたけど、
どうやら起動した時に表示される Welcome To Ubuntu MATE を読んで、Software→More Apps から入れるのが正解のようです。
英語苦手な日本人にはさっぱり解りません仕様です。これも日本の情報が無いんだよね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/24

AMD 970 チップセットでUbuntuが動かずハマる

メインで使っていたPCが壊れたので、マザーボードを
ASUS M4A89TD PRO/USB3 から
GIGABYTE 970A-D3P に交換しました。

Windows10はこれで問題なく動いたので、Ubuntu15.04 も問題なく動くだろうと思っていました。

さてUbuntuを使おうと思い起動したところ、なんかマウスが動かない! なんかネットワークにつながらない!
チップセットが AMD 890FX から AMD 970 に変わっただけで問題が発生するとは。
そんな最新でもないチップセットのUSBとかネットワークが使えないなんて思ってもいませんでした。

ネットで調べたところ、日本語のサイトでは有効な情報がありませんでした。
でも、海外では マザーボードが GIGABYTE 970A-D3P で同じ問題が出ている人を何人か見かけました。
Ubuntu14.04のころに発生していて、32ビット版では問題無く、64ビット版で発生するそうです。
GIGABYTEのマザーボードで出ているので、チップセットの問題というよりは、GIGABYTE で チップセットに AMD 9シリーズ を載せているマザーボードに問題があるのかもしれません。

そんな中、BIOSの設定で、IOMMUを有効にしたらOKだった、という記事を見つけ、
試してみたら本当に問題なく動くようになりました。

Ubuntu14.04 のころの問題が今になっても直っていないということは、もうすぐリリースされる15.10も期待薄かなあ。
とりあえず IOMMU を有効にすれば回避できることは判ったので、15.10 がリリースされたら確認してみようっと。


※2015/10/29 追記
IOMMU を有効にすると、USB3を使用できなくなります。
回避方法を、AMD 970 チップセットでUbuntuが動かずハマる(USB3編) に載せました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/26

Ubuntuで使えるDTMソフトを探してみた

前回記事でUbuntu で MuseScore を使ってみたのですが、さらに踏み込んでDTM環境を作ってみようと思い立ったのでした。
そんなわけで、いくつかソフトをインストールして試してみました。

Linux MultiMedia Studio (LMMS)
LinuxでDTMをやるときの最大の関門が、Jackのことを知っていないとそもそも音が出せない所です。
しかし、LMMSはインストール直後に既に音が出る状態になっているため、簡単にDTM環境が作れます。
サンプルが沢山入っており、このサンプルがまためちゃめちゃカッコイイので、これを聞くだけでも楽しめます。
MIDIエディタも直感的に使えて使いやすいです。
欠点は、MIDIのインポートがあるのにMIDIのエクスポートが無い所。
これができればイチオシなんだけどなあ。

Lmms


Rosegarden
現状のLinuxのオーディオ/MIDIシーケンサーといえばRosegardenが有名のようですが、
Jackを使用するので、とにかく音を出せるように設定するまでが大変。
エディタ関係もいまいち直感的に使えず、自分的には合わないなあと思いました。
楽譜出力機能もあり、かなり高機能です。

Rosegarden


Qtractor
これもJackを使用するので、音を出せるようにするまでが大変です。
過去にインストールしたことがあり、その時はJackの設定の面倒さに挫折したことがあるのですが、機能的にシンプルなオーディオ/MIDIシーケンサーということで、再挑戦してみました。
と言っても、これでシンプルかい!というぐらい機能豊富で、もっと簡単なMIDIシーケンサーが無いのか!?と思います。
Jackの設定さえクリアすれば割と直感的に使え、使いやすいです。
ただ新しいソフトなのか、ネットでの情報が少ないです。

Qtractor


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/06

Ubuntu で MuseScore を使う

我が家は私も嫁も音楽好きです。
ただし、邦楽しか聴かない嫁と洋楽しか聴かない私なんでまったく趣味が会いません。

で、うちの子がピアノを習っており、練習用のMIDIデータを楽器屋さんで買ってきたりしているのですが、
たまにMIDIデータが無いものがあり、じゃ、作ればいいじゃないかという話になりました。

そういえば、Ubuntu Studio になんか楽譜ソフト入ってたよなあと調べたところ、MuseScore だということが判りました。
そんなわけで、Ubuntu ソフトウェアセンターからインストールするだけと、むっちゃ簡単です。
追加アドオンに SoundFont があるので入れておくと音が良くなります。
ちなみに、SoundFont は MuseScore の 表示→シンセサイザー で選択することができます。

楽譜の保存で MusicXML で保存できるのはもちろんなんですが、PDFに変換できるなど、実際に楽譜を印刷して使う用途にも適しています。
また、MIDI で出力できるのはもちろんなのですが、MIDI を開くことも可能で、この場合は自動的に楽譜に変換してくれます。

子供のピアノ練習用に使うには機能多すぎなんですが、いいソフトを見つけました。
時間が腐るほどあれば、曲作ったりしてみたいのだけどなあ。

http://musescore.com/sheetmusic/ に行けばいろいろな楽譜があるので、見ているだけでも楽しいです。

Screenshot
この Hey Jude の楽譜はかなりいい出来でした。
Beatles好きな人が入力したんだろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/24

Ubuntu13.10(64bit) で Kega Fusion を使用する

以前の記事でLinux で Kega Fusion を使うを書いたように、Linuxでも簡単にメガドライブエミュレータのKega Fusion が使えます。

そんなわけで、Ubuntu13.10(64bit版)で Kega Fusion を使ってみました。

Kega Fusion のページからKega Fusion 3.63x (Linux) をダウンロードして、自分のhomeディレクトリなんかに適当なディレクトリを作って、実行ファイルをダブルクリックで動く・・・わけないか。
32bit用のアプリケーションがそのまま64bitで動くとは思ってないですって。
端末から起動しても、うんともすんとも言いません。

しかーし!Ubuntuにはia32-libsという、とりあえずこれ入れとけば32bitアプリが動きまっせという強力なパッケージがあるので楽勝!・・・ない!なんで Ubuntu13.10 には無いのだ!

というわけで、また苦労するハメになりました。
ネットでも、ia32-libsで検索すると無くて困っている人の質問をよく見かけました。
で、その回答というのが、必要な32bit用モジュールを自分でインストールする、という突き放したものです。
自分で入れるのかよ!
そんな中でも、これ入れとけばいいよ!みたいな回答もあり、とりあえず良く解らないのでそれを入れておこうと思いました。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install libgtk2.0-0:i386 libpangox-1.0-0:i386 libpangoxft-1.0-0:i386 libidn11:i386 gstreamer0.10-pulseaudio:i386 gstreamer0.10-plugins-base:i386 gstreamer0.10-plugins-good:i386 gstreamer0.10-ffmpeg:i386

で、Kega Fusionをダブルクリック・・・・動かない。
端末から、.$ ./Fusion として 起動すると、
./Fusion: error while loading shared libraries: libSM.so.6: cannot open shared object file: No such file or directory
と出てきました。ちょっと前進。
libSM.so.6 が無いらしい。

Synapticパッケージマネージャで調べてみたら、インストールされてます。
でも64bit用のようで、見た感じ32bit用が見つからない。
しかたが無いのでネットで調べたら、
$ sudo apt-get install libsm6:i386
で入れている人がいたので真似したら、入りました。
Synapticに表示されないのに普通にインストールできるんかい!

で、Kega Fusionをダブルクリックしたら、動きました!
とりあえず、武者アレスタを起動して動作確認。
ありゃ?音が出ない・・・。

再度端末から起動してみると、いくつかエラーっぽいのが出ていて、その中に
Cannot open shared library libasound_module_conf_pulse.so
ってのがありました。
他のエラーはGTK関連ぽいのですが、画面表示されているからほっとくとして、音出ないのはこいつが原因だろうということで、Synapticで探しましたが見つかりません。
これもネットで調べたら
sudo apt-get install libasound2-plugins:i386
で入るということなので、真似したら入りました。

今度こそと Kega Fusionをダブルクリックしたら、きちんと動きました!
武者アレスタ、やっぱ今遊んでも面白いぜ!
でも、Kega Fusion はシルフィードが動いてこそ本物。
MEGA-CDのBIOSの設定をして、Kega Fusion の Option でPerfect Syncにチェックを入れて起動。
やったー!シルフィードが動きました!

何度見てもこのオープニングはかっこ良すぎ!むっちゃ好きです。
これが16bitゲーム機時代のオープニングか!っての。
YouTube貼り付けてますが端が欠けるので、見たい人はリンク先に飛んで見てください。

動画は、RecordMyDesktopでキャプチャしたものです。
が、音声のキャプチャができるようになるまでめちゃめちゃ苦労して、こっちの設定のほうが時間が掛かりました。
自分でもなんで音声がキャプチャできるようになったのかよく解りません。
ほんと、Linuxの音声関連は複雑すぎて何がなんだかよく解っていません。
Ubuntu日本語フォーラムの書き込みとか参考にしました。
PulseAudio 音量調節 をインストールして、何度も設定しなおしました。何度かPulseAudioが落ちましたが。coldsweats01
ただ、 $ aplay -L としたら、
default
Playback/recording through the PulseAudio sound server
と出るので、
RecordMyDesktopの設定>音声>デバイス欄に、default って記載しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/11

Ubuntu12.04 で GNOME Classic を設定する

愛用のノートPC librettoU100 にUbuntuを入れて使ってきましたが、最近のバージョンでは非常に厳しい状態になっております。
CPUが PentiumM 733、グラフィック統合のチップセットが Intel 855GME ってなスペックなもので、PAE必須の制限にもひっかかるし、Unityではグラフィックが対応せず激重な状態になります。
とりあえずUbuntu12.04 はアップグレードで対応したためPAE必須の制限を回避し、Unity2Dで使ってきましたが、Unity2Dが無くなった 12.10 へはアップグレードせず、12.04をサポート期限いっぱいの5年間使ってやろうと思ったわけです。

そう考えると、普段は更新頻度が早いため凝ったカスタマイズをする気になれないのだけど、今回は5年も使い続けるのだから自分の好きなようにカスタマイズしておけばいいなと思ったので、慣れないUnityではなく GNOME Classic にして、ついでに Compiz Fusion を使い、かつての使い勝手良かった3Dデスクトップへ戻してやろう、と思ったわけです。

やり方は、Ubuntu Magazine vol.8 にほとんど載っているから迷うところ無しです。
ちなみに Ubuntu Magazine は 過去記事をPDFで公開しているので、ここからダウンロードできます。

雑誌の記事を参考に、
compizconfig-settings-manager
compiz-plugins-extra
gnome-session-fallback
gnome-tweak-tool
パッケージをインストールしました。
で、ログイン時にUbuntuマークを選択し、「GNOME Classic」に変更してログイン。

まずは、デスクトップ周りを設定。
「ALT」+「Windowsキー」+上部パネル右クリック で 「パネルへ追加」が表示されます。
なんでこんなに裏技チックなんだ?以前のように右クリックでいいじゃん。
で、「パネルへ追加」→「アプリケーションのランチャー」からアプリケーションが選べるので、Firefoxを追加しておきました。
「アプリケーション」→「システムツール」→「設定」→「高度な設定」 を選択して Advanced Settings を起動し、「デスクトップ」項目にあるアイコン設定をすべてONにしました。
これで、ゴミ箱とかマウントしたデバイスとかが表示されて便利。
個人的にデスクトップは賑やかなのが好きです。

さて、Compiz Fusion の設定です。
Unity は使えなかったのに、なぜかCompizは普通に動くんですよね・・・。
どうしても設定したいのが、シフトスイッチャーです。
狭い画面でウインドウをいっぱい開くので、ウインドウの切り替えは個人的に必須です。

「アプリケーション」→「システムツール」→「設定」→「CompizConfig 設定マネージャ」を起動します。
雑誌記事では、まず現状のCompiz設定のバックアップを取っておくように、ということだったので、「設定」の「プロファイル」の所にある「エクスポート」で設定をバックアップしておきました。
この際、「プロファイルをエクスポートする際に、デフォルトのオプション値を省きますか?」と聞かれるので、「いいえ」を選択します。
変更前に戻す時は、このバックアップをインポートして戻します。

ウィンドウ・マネジメントの Shift Switcher にチェックを入れるとシフトスイッチャーが使えるようになります。
デフォルトで「Shift」+「Windowsキー」+「S」で起動するのですが、こんなの覚えられないので、マウスで起動するように設定します。

Shift Switcher を選択すると、Key Bindings というタブがあるので、ここの Initiate のマウスのやつを設定します。
私は、右端と、Button1(左クリック)を設定しました。
ちなみに、Button4 だと上スクロール、Button5 だと下スクロール ってなります。判りにくい・・・。
Dsc_0008

デスクトップ周りも、キューブ使ってみたりマウスで起動するようにしてみたり試して見ましたが、結局デフォルトの「Ctrl」+「Alt」+矢印キー で Desktop Wall が起動するのが使い勝手が良くて戻しました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/17

Linuxサーバからお手軽にメール送信する

会社のLinuxサーバからログとかをメールできたら便利だなと思っていました。
で、調べた所、普通はメールサーバを導入してそこから送信するそうです。
メールを送信するためだけに、そんな大層なことが必要なのか!?

クライアントではメーラーをインストールしてそこから送信しているわけで、わざわざメールサーバをインストールするようなことはしません。
そういう楽~な方法でサーバからメールを送信できる方法が無いかいな?と思って探してみたらありました。
sSMTP っていうのを使えば、メール送信の設定だけでメールが送信できるそうです。

実は、Ubuntuのフォーラムで過去にsSMTPが使えるという記事を見つけていて、気になっていたまま導入テストができずにいたのですが、ようやくテストできるようになったのです。
そのフォーラムの記事はこれです。
コマンドラインから外部にメールを出せるようにするには?
さらにネットでいろいろと検索して、設定しました。

インストールした環境は、Ubuntu Server 8.04 です。

インストール
$ sudo apt-get install ssmtp


設定ファイル変更
$ cd /etc/ssmtp
$ sudo vim ssmtp.conf


設定ファイルのコメントを読みながら設定するのですが、
WebOS Goodies の記事
が判りやすかったです。

root=postmaster ←サーバ管理者のメールアドレスに修正

mailhub=mail ←SMTPサーバに修正

#rewriteDomain= ←コメントを外してメールアドレスのドメインに修正

hostname= ←ホスト名

#FromLineOverride=YES ←コメントを外す(送信者メールアドレスで上書き)

にしました。

下のような、test.txt ってなファイルを作り、
-----ここから------------
To: 送信先メールアドレス
From: 送信元メールアドレス
Subject: test

Mail Test
-----ここまで------------

$ sendmail -t < test.txt
ってコマンドすれば、メールが送信されます。

英文のテキストファイルを test.txt みたいに作って送信すれば、
非常にお手軽にメールが送れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧